2018年09月17日

育った家庭環境を聞き出すこと(2)

9月16日エントリ前のエントリの続き。

「jはんし2018(現:四条烏丸、旧:もも281)」は、
「選択的夫婦別姓の希望者は不遇な家庭に育ったと
思っていますが、あなたはどうですか?」と、
眼の前の選択的夫婦別姓を求めるかたたちに訊きます。

 

当然ながら「四条烏丸(jはんし2018、もも281)」は、
自分の質問になかなか答えてもらえないことになります。


さらに他人の家庭環境を詮索することが
悪趣味と思われて「覗き魔」と言われてもいます。



「四条烏丸(jはんし2018)」の態度が非礼ゆえに、
この人はなにもの?と、逆に素性を問題にされたりもします。
訊いていることがエキセントリックだからでしょう、
現実の生活を知らないのでは?と思われたのか、
家族がいるかどうかを疑われたりもします。


「そのヘルメット」というのは「四条烏丸」のことです。
このときはヘルメットをかぶった人のイラストを
アイコンに使っていたのでした。


「四条烏丸」はまがりなりにも、自分の質問に
答えてくれたかたが、ひとりいらっしゃりました。
「『四条烏丸』よりよい家庭」とのことです。
(調査に協力してくれるかたがいてよかったですね。)


回答をいただいた「四条烏丸」は、そのリプライに、
何度も貼り付けているスクリーンショットだけを貼ります。


これで「四条烏丸」はなにを言いたいのかと思うところです。
相手のかたは、当然わけがわからないです。



「四条烏丸」の言いたいことは、わたしの想像ですが、
「よい家庭だったと言っているけれど本当ですか?
この人は親から虐待されたと言っていますよ。
あなたも実は虐待されたのではないですか?」だろうと思います。

訊いた相手からの回答が自分の「仮説」と反するから疑う、
というのなら「はじめに結論ありき」です。
回答を疑うというだけでも、すでに非礼だと思います。

ここでは「四条烏丸」はまがりなりにも
いただけた回答を信用すると、すぐに言ってはいます。
(「というこたとすね」というのはなに?)
それであまり問題にはならずにすんでいます。




posted by たんぽぽ at 23:27| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください