2018年08月13日

国民の多くが受け入れる必要がある?

「選択的夫婦別姓は国民の多くが受け入れなければ
実現しない」と言う、選択的夫婦別姓の反対派です。

「国民の多くが受け入れる必要がある」のほかに
似たようなのとして「国民的議論が必要だ」があると思います。
これらを言うのは、もっぱら反対派(非共存派)だと思います。
反対派(非共存派)以外で「国民の多くが」と
言い出す人はほどんといないようです。

 


国民の多くが選択的夫婦別姓を受け入れているかどうかは、
2015年12月に行なわれた東京新聞の
アンケートが示しているだろうと思います。

「東京新聞・別姓のアンケート」

「選択的夫婦別姓」どう思う?

これを見ると男性の66.9%、女性の85.8%が、
選択的夫婦別姓の導入に賛成しています。
よってすでに「多くの人が受け入れている」と言えるでしょう。


選択的夫婦別姓の実現のために「国民の多くが
受け入れる」必要など、わたしはないと思っています。
この問題に関心のない多くの人たちにとっては、
どうでもいいことだと思われるからです。
自分が夫婦同姓を選択することが、なんら妨げられないからです。

また自分と無関係の他人のために夫婦別姓が
選択できるようになったところで、
自分への影響なんてほとんどないです。
自分の利害と関係のないことなど、自分の知らないところで
話が進んでも、どうということはないでしょう。


なぜ選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)が
「国民の多くが受け入れる必要がある」などと、
根拠もなく多数派の認識を断言するかという問題があります。

ひとつは、反対派(非共存派)が信仰のようにしている
家族イデオロギーがあると思います。
戦後民法で規定された「家族のありかた」であり、
このイデオロギーを信仰している人は、
信仰の定める「家族のありかた」を絶対視します。

「家族思想という信仰」

選択的夫婦別姓は、この「信仰」が定める
「家族のありかた」にない、いわば「異教徒」です。
彼ら信者にとって選択的夫婦別姓の導入は、
自分の「信仰」を根底から揺るがすということです。

「家族思想信仰における「異教徒」」

それゆえ国民の多くが受け入れる必要がある
などと大げさなことを考えるのでしょう。
自分個人の信仰にとって大問題なだけなのに、
国民全体の問題と勘違いしているということです。


またこの家族イデオロギーを「信仰」していると、
信仰に合致しない「異教徒」の存在が見えなくなります。
国民全体が「信仰」にもとづいた家族を営んでいて、
それに納得しているとも信じるようになります。

家族イデオロギーの信者は、国民の大多数も
自分と同じ信者だと思っているということです。
それゆえ「異教徒」の導入は、自分が受けれられないから、
国民の多数にとっても、受け入れられないに違いないと
考えることになるのでしょう。


ほかの理由として、選択的夫婦別姓に反対する人が
少数派へ転落することへの予防もあるかもしれないです。
選択的夫婦別姓の必要性に対する理解や、
ジェンダー平等に対する認識は、今後はどんどん浸透すると
さすがの彼らも予想しているし、それによって反対派は
いずれ数でかなわなくなると、思っているのでしょう。

それで選択的夫婦別姓に対する賛成が過半数となっても、
「まだ国民の多数ではない」と言って反対するために、
事前に口実を作っておきたいのかもしれないです。


また「国民の多くが受け入れる必要がある」と
言うことで、自分のような反対派(非共存派)が
ありふれた多数派だと思わせたい(多数派だと思いたい)、
ということもあるかもしれないです。

自分は現に選択的夫婦別姓を受け入れていないが、
同じような人は実はたくさんいるよと思わせよう
(たくさんいると思いたい)ということです。
それによって自分のような反対派を多数派だと
誤信した推進派が、自分を説得しようと
試みることを期待するということです。


選択的夫婦別姓の問題に「国民の多く」を巻き込むことで、
自分が反対するためにくちばしを挟める
議論の機会を増やそうということもありそうです。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
どんな現実や理屈を示されても、絶対に納得することのない、
「はじめに反対ありき」の頑迷極まりない人たちです。
ひとたび議論になれば、絶対に説得されない自信があります。
よって彼ら反対派(非共存派)が議論に入ってきたら、
選択的夫婦別姓の実現は半永久的に先送りになるでしょう。

「反対派と議論すると...」
「説得されない選択的夫婦別姓反対派」
「説得されない選択的夫婦別姓反対派(2)」

それゆえ反対派(非共存派)にとっては、自分が介入できる
議論が多いほど都合がいいことになります。
そうした機会を増やすために「国民の多くが
受け入れる必要がある」と言うのだろうということです。


posted by たんぽぽ at 00:13| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください