2018年06月27日

自称中立の反対派のレイシズム

「自分を説得できなければ、選択的夫婦別姓の実現はない」と
いきまいていた「riosis11」は、すごいことを
言っていたので、そのひとつをご紹介しておきます。

以下のツイートで、スクリーンショットを見られます。
「riosis11」はすでにツイッターのアカウントを
凍結になっているので、現在閲覧できるのは、
たまたま保存されたスクリーンショットだけです。

 

相手を日本人でないと決めつけ排斥しようとする、
典型的な排外主義、レイシズムです。
(差別発言として、ツイッターに報告しました。)


「riosis11」は選択的夫婦別姓の問題に関して
自分は中立だと、しつこいくらい繰り返していたのでした。
ここにどうやっても中立とみなすことのできない、
決定的な偏向発言が出たことになります。

「riosis11」が中立と思っているのはご本人だけで、
ほかのかたはだれも中立とは思っていなかったです。
「riosis11」の立場の詐称なんて見え透いていますが、
自分なりに「猫をかぶる」ことをやめたのでしょうか?

それともこのような発言をしても「中立」であると、
本気で思っていたということでしょうか?


posted by たんぽぽ at 23:21| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください