2018年05月12日

テレビ局を中韓の局が乗っ取り?

選択的夫婦別姓の反対派だった(いまも反対だと思うけれど)
西川京子氏がすさまじいことを言っています。

「元自民議員の学長「テレビ局を中韓の局が乗っ取り」」
(はてなブックマーク)

「日本のメディアは中国や韓国に乗っ取られている」と
西川京子氏はお考えで、これだけでもかなりのものです。
「乗っ取られている」理由が、日本のテレビ局の建物に
中国や韓国のテレビ局が同居しているからだそうで、
さらにすさまじいことになります。

 
元自民党衆院議員で、九州国際大(北九州市)学長の
西川京子氏(72)が3日、福岡市内であった改憲派の集会で、
テレビ局の放送内容が護憲に偏っているなどと批判し、
「同じビルに中国、韓国のテレビ局が入っている。
完全に乗っ取られているんですね。
(改憲は)この人たちとの戦い」などと発言した。


欧米の民主主義国のテレビ局も、日本のテレビ局と
同じ建物に入居しているものがあります。
そのような欧米の民主主義国のテレビ局には、
「乗っ取られている」とは考えないのかと思います。



「同じ建物に入居しているから乗っ取られている」なんて、
発想がネトウヨレベルだと思います。
それでどうやってメディアを乗っ取るのかと思います。
西川京子氏は国会議員をやめて、しばらく露出がなかったのですが、
いつのまにかこんなに劣化していたようです。

右の人たちの中には、ネトウヨ的思想に影響されて、
劣化していく人も多いと思います。
「真実を見つけた」とばかりに、ネトウヨ的言説に
積極的に接近し信用するようになるのか、
意識していないけれど、世間に蔓延するネトウヨ的言説に
感化されるのか、それはわからないです。


西川京子氏は現在九州国際大学の学長です。
こんなネトウヨみたいな人が学長をやっている
九州国際大学がとても気の毒です。

「中国や韓国に乗っ取られている」なんてまじめに言う、
レイシズム思想におちいっているかたが「国際」と名がつく
大学の学長というのも、いかんともしがたいです。

九州国際大学は、アジア各国の大学と友好協定を結んでいます。
その中には中国と韓国の大学もあるし、
これらの国ぐにから実習生や留学生も来るようです。
こんな中国や韓国に対する蔑視感をあらわにするかたを
学長にしていて、だいじょうぶなのかと思います。

そのために、九州国際大学の発足当初から、
北九州市の歴史的・地理的条件からアジア地域に重点をおき、
中国、韓国、インドネシア、インド等の有名大学との
友好協定を締結し、海外語学実習、海外社会実習、
交換留学、国際交流等を継続的に活発に行ってきました。



付記:

西川京子氏の発言に関しては、「なぜ中国や韓国のメディアが
日本の9条護憲派のために活動するのか?」とか
ほかにも疑問はいくつかありますが、いまは置いておきます。


posted by たんぽぽ at 23:50| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント