2018年04月29日

夫婦別姓を犯罪に利用?

夫婦別姓だと偽装結婚や不正受給が可能になる
などと被害妄想をあらわにしていた
選択的夫婦別姓の反対派は、推進派のひとりが
「犯罪偽造発言になぜか反応している」と言っています。

「夫婦別姓で偽装結婚が増える?」
「夫婦別姓でなにを不正受給する?」

 
ある選択的夫婦別姓の反対派との議論(1)

ある選択的夫婦別姓の反対派との議論(2)

この反対派は「なぜか反応」と言うのですが、
「なぜか」と言えば、根拠もないのに偽装結婚やら
不正受給やらができる、などと言うからでしょう。

わけもなく「犯罪に手を染めている」とか、
「犯罪の片棒を担いでいる」なんて、
人聞きの悪い言いがかりをつけられたら、
抗議と訂正のために反応するのは当然だと思います。


問題の被害妄想あらわな反対派から
「なぜか反応している」と言われたツイートは以下です。




これらは「そんな方法があるなら示してみろ」と
言うことで、「そんな方法はない」と言いたい
ということは、すぐにわかると思います。
問題の反対派はべつの意味だと思ったみたいですが。




夫婦別姓のほうがむしろ犯罪がやりにくいことは、
3月10日エントリでお話しています。
結婚しても名字が変わらない非改姓結婚なので、
同一人物とわかりにくくすることが困難だからです。

「夫婦別姓は犯罪利用できない」

夫婦同姓の場合、結婚改姓によって名字が変わることで、
同一人物であることがわかりにくくなります。
それを利用して、現に犯罪が起きています。
夫婦同姓(結婚改姓)のほうがずっと犯罪に利用できるでしょう。

「結婚改姓で保険金詐欺」
「改姓を利用した犯罪 夫婦同性強制制度の悪用」

過激派が偽装結婚して国外へ脱出するのに、
結婚改姓を利用した、なんてこともあります。



夫婦別姓で不正受給や偽装結婚など無理だという
反論を受けた問題の反対派は、訊かれたことに答えず、
なにを思ったのか、婿養子とか結婚改姓のなにが
いけないのかとか、まったく別のお話をしてきました。



婿養子のお話なんてぜんぜんしていないです。
結婚改姓もそれ自体の是非はなにも言っていないです。
なぜここでこれらが突然出てくるのかと思います。
会話をまともに成り立たせろと思います。




問題の反対派氏におかれましては、夫婦別姓だと
どうやって偽装結婚や不正受給ができるのかという、
お尋ねされていることについて、お答えいただきたいです。

「ご自分でお調べになってから」なんて相手に押し付けないで、
ご自分の発言に責任を取ってほしいものです。
こんな悪趣味な画像を貼り付けていないで。







posted by たんぽぽ at 12:08| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください