2018年02月16日

選択的夫婦別姓に賛成するとカス?

前のエントリでご紹介した、選択的夫婦別姓に賛成を
表明する長島昭久のツイートをリツイートして、
「カスだな」などと言っているかたがいました。

あの攻撃的な立憲民主党支持者たちのグループにいる
ひとりである「ホワイトハウス」です。




 

これは日曜日の夜に、選択的夫婦別姓に賛成の
表明をしたことを「カスだな」と言っているのでしょう。
そうだとすると「ホワイトハウス」は選択的夫婦別姓の導入を、
好ましいと思っていないことになりそうです。

「選択的夫婦別姓は左翼そのもの?」
「選択的夫婦別姓は左翼そのもの?(2)」


だれが見ても右翼と目される国会議員が
選択的夫婦別姓に賛成して、あきらかにリベラルとされる
政党を支持している人がそれをdisるというのは、
なんともシュールな光景だと思います。

ときにはこういうこともあるということです。
また実際あってもおかしくはないことでしょう。



付記:

「ホワイトハウス」の最初のツイートに関しては、
ふだんからそのように他人を「カス」呼ばわりしているから、
ツイッターのアカウントが凍結になるのではないかという
別の批判もありますが、ここでは置いておきます。




posted by たんぽぽ at 22:55| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント