2017年05月07日

あの反小沢信者の攻撃的態度

5月5日エントリで、「ポルフィラス」が自分の政敵に対する
異様な攻撃的態度を批判されたことに触れました。

「とある民進党支持者の相変わらずの攻撃的態度」

ここで「ポルフィラス」の擁護に出てきた、
反小沢主義者の「お仲間」がいました。
その「お仲間」は「ヘンリー・クレイ」、
以前は「オメガ@オムライス」と名乗っていた人物です。

 
こんなことを言ってきたのですが、
「オザシンとは共存できません」とはなんのことかと思います。


もとのツイートの「共存」は、「ポルフィラス」が
同じツイートの中で、他人の悪口雑言を糾弾しながら、
自分も悪口雑言を並べるということです。
他のだれかと共存できるか、ということではないです。


こんな取り違えをしている「ヘンリー・クレイ」こそ、
「コミュニケーションが取れない」のではないかと、
考え直す必要があるのではないかと思います。


そのあと「ヘンリー・クレイ」は、
小沢一郎の支持者のことを「ゴキブリ」と言ってなにが悪いか
わからないと、開き直ったことを言ってきました。
2回も繰り返しています。


それこそヘイトスピーチを垂れ流すネトウヨか
排外主義者並みのレベルだと思います。
ナチスやキュー・クラックス・クランに似ているのは、
実は自分たちではないかと、「ヘンリー・クレイ」と
その「お仲間」たちは、かえりみる必要が
あるのではないかと思います。


「ポルフィラス」「ヘンリー・クレイ」や
その「お仲間」たちの民進党支持者たちは、
異様に攻撃的で独善的で、ネットでも多くの人たちに
危害を与えて有害な存在だと思いますが、
「ゴキブリ」とか「ゴキブリのほうがすがすがしい」などと
思ったことは、わたしは一度もありませんよ?


posted by たんぽぽ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック