2017年03月21日

右翼を教育に関わらせるな

土地取得の疑惑で話題の森友学園は、イデオロギー以外の教育でも、
すでに開園している幼稚園で、「教育」と称して児童虐待が
横行するとんでもないところです。

「田んぼに園児を突き落とす、バケツで頭から水を掛ける、
森友学園の教育内容が完全に幼児虐待」

「“国有地格安払い下げ”の森友学園 幼稚園で虐待か」

 
その虐待の実態は、篭池理事長がじきじきに、
子どもを田んぼに突き落とすことがあるくらいです。

映像の中では篭池理事長らが園児を尻や手を使って
田んぼに突き落とす非常にショッキングな「教育」が行われています。
後半の場面では川で園児にバケツで頭から水をぶちまけています。
YouTubeに当該映像がアップされていました。閲覧注意です。


虐待被害は、何人もの保護者から訴えが出ています。

一連の報道の中で、塚本幼稚園では自由にトイレに行くことが許されない、
漏らした下着をそのまま持ち帰らせる、出来の悪い子供を
下のクラスに「降格」させる、なわとびができない子供に
薄暗い部屋で給食を取らせるなどの虐待行為が
行われてきたことを複数の保護者らが明らかにしてきました。


園児に対する教育ではないですが、通りすがりの小学生を
「副園長にあいさつをしなかった」と難癖をつけて殴りつけ、
警察ざた、裁判ざたになったこともありました。

また、3月7日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では
森友学園が以前運営していた南港さくら幼稚園で
篭池理事長の妻の籠池諄子副園長が幼稚園の前を通った
小学3年生の男児を「あいさつをしなかった」という理由で
殴打したことが報じられました。

しかも駆け付けた父親が謝罪を要求すると
「どついて何が悪いのか。これが園の方針」と
開き直ったため父親は警察に通報。
しかし副園長は警察の呼び出しを拒否し続けてようやく10ヶ月後に逮捕。
最終的には最高裁までもつれ込み、罰金30万円が確定しました。




じつにすさんでいますが、このような児童虐待が
森友学園で横行しているというお話を聞いたとき、
さもありなんと、わたしは思ったのでした。

というのは、森友学園は戦後の新体制を否定し、
排外・国粋主義を標榜する右翼学校だからです。
右翼が主張する教育は、往々にして抑圧的、攻撃的、暴力的で、
すさんでいると思います。

「森友学園・右翼イデオロギー」


むかしふたりの自民党議員が、子ども時代の
いじめ加害体験を「武勇伝」のように書いて、
ネットで炎上して削除したことがありました。
彼らはいじめの「被害者落ち度論」を展開したり、
道徳教育の重要性や必要性を主張していました。

「いじめ加害体験談で炎上」
「いじめ加害体験談で炎上(2)」
「ふたつのいじめ加害体験」

彼ら自民党議員たちの子ども時代のいじめは、
どちらも性差別が根底にあると言えるものです。
また対談記事にいっしょに登場する自民党議員は、
戦後のGHQによる民主化を否定しています。
これらの人たちも右翼ということになるでしょう。

「いじめ問題は解決できるのか」


体罰の肯定や推進をする人や団体が出てきて、
ときどき物議をかもしますが、彼らもたいてい右翼です。






彼ら右翼は反人権的で権威主義的なので、
とくに弱いものに対して攻撃的、暴力的、抑圧的になり、
教育に関することになると体罰肯定に代表される虐待に走るなど、
すさんでくるのではないかと思います。

右翼が教育に関わるとろくなことがないのでしょう。
「右翼を教育に関わらせるな」だと、わたしは思います。


posted by たんぽぽ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448221351

この記事へのトラックバック

安倍らが目指す飼い慣らす教育~教育勅語&愛国教育の普及。国民の力で早めに阻止を
Excerpt: 頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!            ・・・足場を固めて、着実に前進を! よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2017-04-11 19:58