2017年03月18日

ロシアンルーレットと痴漢

女性専用車両の反対派は、痴漢は男性のうちごく一部なのに、
ジェンダーだけで車両をわけられて、男性全体が理不尽な
扱いを受けている、という主旨のことを言います。

これは「痴漢はごく一部だけれど、たくさんいる男性の中の
どこに混じっているかわからないので、
男性というだけでわけるよりない」ということになるでしょう。

ロシアンルーレットと同じようなものだと思います。
「弾は6発全部に入っていない」からといって、
ロシアンルーレットが安全なのでは、ぜんぜんないです。
安全のためにはルーレット自体を拒絶するよりないわけです。

 



「痴漢は男性のうちごく一部だ」というのは、
「ロシアンルーレットは、弾は6発全部に入っていない」
と言うことに相当すると思います。

安全のためにロシアンルーレット自体を拒絶することが、
ジェンダーでわける専用車両を作り、男性というだけで
女性から遠ざけることに相当するでしょう。


posted by たんぽぽ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック