2017年03月08日

生活保護・威圧のグッズ

メインブログの2月4日エントリでお話した、
小田原で生活保護を担当する職員が、
生活保護の受給者を威圧するジャンパーを着ていた件ですが、
ほかにもTシャツ、マグカップ、ボールペンといった
グッズも作っていたことがわかりました。

「生活保護ジャンパー問題、Tシャツやマグカップも製作」

報道は短いので全文引用します。

 
神奈川県小田原市の職員らが「保護なめんな」などと書かれた
ジャンパーを着ていた問題で、職員らが同じような言葉が入った
Tシャツやマグカップなどを作っていたことが分かりました。

小田原市で生活保護受給者を支援する部署の職員らが
「保護なめんな」と書かれたジャンパーを着て
業務にあたっていた問題で、市は職員らがジャンパーのほかにも
Tシャツやマグカップ、ボールペンなどのグッズを
作っていたことを明らかにしました。

これらには「生活保護悪撲滅チーム」を略した「SHAT」という
文字などがプリントされていて、職場で使っていたほか
異動する職員への記念品にも利用していたということです。

市は今後、有識者を招いて検討会を設置し、
今年度末までに改善策の取りまとめを行うとしています。(10日00:12)


生活保護威圧グッズを職場で使っているだけでなく、
異動する職員への記念品にもしていたとあります。
小田原の生活保護担当の職員の、生活保護に対する
偏見と憎悪は、かなりのものだったのでしょう。

こうしたことを10年も続けていて、相当に病んでいると思います。
まだ調べればなにか出てくるかもしれないです。
小田原市では検討会を設置するとあるので、
今後どのような対応をするかが問題となるでしょう。


posted by たんぽぽ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447727697

この記事へのトラックバック