2016年05月03日

保育士給与2%引き上げ案

安倍首相が保育士の給与を2%引き上げることを表明しました。
政権の規定路線になりそうで、この引き上げは実現の可能性が高そうです。

「保育士給与、2%増を表明=介護士も月1万円引き上げへ-安倍首相」

そして2%引き上げなんて微々たるものだと、非難も出ているのでした。

「首相が表明した保育士給与2%引き上げ案に非難続出 
「喧嘩売ってんの?」「たった2パーってそれだけ?!」」




http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042600877&g=soc
首相は席上、「(処遇改善は)財源を確保しつつ、17年度から実行する。
来月中に『ニッポン1億総活躍プラン』の閣議決定ができるよう
作業を加速してほしい」と関係閣僚に指示した。
政府関係者によると、17年度予算案で保育・介護合わせ
2000億円程度の財源を確保する見通し。

http://blogos.com/article/173759/
「保育士の給料2パーセント増表明ってwwwww 喧嘩売ってんの?wwww」
「2%増? ソシャゲガチャのレアカードかな?」
「保育士の給料平均が26.8万円なんて誰が調べたんだ?
自分が民間保育所の正職員1年目だった時なんて
手取りがその半分しかなかったのに」
「保育士の給料2%って!月15万とかなら3000円だよ?6000円ですらない。
1日100円あげるから保育士になってor戻ってってなんの冗談?」


保育士の給与を全産業平均にするには、月に10万円以上の
賃金引き上げが必要と計算されています。
2%は月に4000-5000円程度ですから「もうしわけ程度」です。
これでどれだけの待遇改善になるのかと、批判が出るのもごもっともです。

「保育所が増えない理由」
「保育士の給与が低い理由」

「大学教授「保育士不足は、保育士による声なき抗議」と指摘」
「保育士の待遇改善が不可欠です。自民党の緊急対策はそこが不十分。
賃金を実質2%、月に4000円、5000円ほど
上げたからといって焼け石に水でしょう。
保育所の運営費である公定価格を上げなければ、どうにもならないのです。
2000年以降、保育士の給与は下がり続けています。
公定価格の8割は人件費ですから最低でも1.3~1.5倍に
引き上げる必要があります」

「介護士の厳しい待遇は「女性労働だから低賃金で低待遇」」
「厚労省が先月発表したデータでは、保育も介護も、
全職種平均より10万円以上も月収が低い。
そして保育や介護の現場で働く人のほとんどが女性です。
つまり、女性労働だから低賃金で、低待遇だということ。
家族介護や育児の延長だろうといって、安くみられているのです」


保育士の賃金を2%引き上げることは、
2012年の民主党政権の時に決まっていたことでした。
安倍政権は「焼け石に水」程度の賃金引き上げさえ
ずっと放置してきたのですが、匿名記事の反響にともなって
政権が批判されて、ようやく放置していたことをやり出した、
ということがこれまでの経緯です。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160417-00026306-jprime-soci
「保育士の給与を月に4%上げると言っていますが、
そのうち2%は人事院勧告といってすでに決まっていること。
残りの2%も今から4年前、民主党政権のときに民・自・公で
2%上げましょうと決めたことがまだ実行されていないだけ」

今後の見通しですが、安倍政権は保育士の賃金引き上げを
これ以上はしないだろうと、わたしは予想します。
2%の引き上げだけでお茶を濁して終わるだろうと思います。

「焼け石に水」程度の引き上げでさえ党内に反発があるくらいです。
ただでさえ「女の仕事」と思っていて蔑視感があるし、
財源確保のために公共事業の削減が必要になりそうだからです。
蔑視している対象のために、支持基盤の支持を失ないかねない
財源の振り替えなんて、とてもする気になれないでしょう。

「保育士の賃金増額法案」
「保育士の待遇改善の財源」



付記:

保育士の賃金水準がわかる図。

「いくら稼げる? 129職業の年収ランキング」

職業別の推定年収(万円)

職業別の月収分布


関連エントリ:

「保育士の給与が低い理由」



posted by たんぽぽ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック