2016年04月17日

不気味なナルシシズム(2)

4月10日エントリで「ヒラリー」のナルシシズムのことを書いたら、
「ヒラリー」本人がこのブログにコメントをしてきましたよ。

すぐに削除して、投稿お断わりにしました。
メインブログで再三の警告の末に投稿お断わりにしているし、
こちらでコメント投稿したところで、
建設的にならないことは眼に見えているからです。



そうしたら「ヒラリー」はこちらでこぼしていました。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51924507.html#comments
たんぽぽさんの礼拝堂のところで、私がこちらに最初に書かせて頂いた、
あの人は叩いてもいい弱者、という言葉について付け足そうと
テストメールを送ったところ大丈夫だったので
書き込んだら次の本文書き込みは拒否され戻って来てしまいました。

要するにたんぽぽさんは弱者でなく、日本の女性は弱者で男は強者。
既得権益があるとの前提で書いているので
それは全然違うという意味ですと誤解を解きたかったのですがね。

(3. ヒラリー 2016年04月12日 09:43)


「ヒラリー」がわたしのブログにコメントしても、
意味不明で長いだけの言いわけにならない言いわけを、
延々と並べるだけだろうと思います。
「ヒラリー」を投稿お断わりにした理由の中には、
そうした言いわけを何度も繰り返したこともあります。

「誹謗と印象操作に抗議」

警告記事、そして、どういう処遇にする(した)かも、
もう発表なさらなくていいと思います。
発表しないでください。もう見たくないんですよ。
だらだら長くて、文脈も不明で、言い訳だけの書き込みを。
改善の可能性ゼロ。だからもうこれ以上あおらないほうがいいですね。

(2015年06月15日 08:19)

「ヒラリー」のナルシシズムはセクハラの域に入っているかもしれないとも、
わたしは4月10日エントリでは書いています。
メインブログから「ヒラリー」を出入り禁止にした理由には、
セクハラまがいのコメントのこともあったのでした。

「コメント投稿について警告(3)」


上記に引用した「ヒラリー」のコメントを見ると、
わたしがエントリの最後のほうで少し触れた
「叩いてもよい弱者」だけ釈明するつもりのようです。
「叩いてよいのはたんぽぽではない」みたいなことを言いたげですが、
後から取って付けたような釈明になりそうで、
「言いわけにもならない言いわけ」になる気配が濃厚です。

容姿についてのナルシシズムや、セクハラまがいのことを
言ったことに関しては、釈明することはないのでしょうか?
これらについて言うことがなにもないのなら、
「ヒラリー」にコメントしてもらったところで、
なおさら読むだけ無駄になりそうです。



posted by たんぽぽ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック