2015年11月02日

新法相の民法改正のコメント

安倍改造内閣の新法務大臣へのインタビュー記事があります。

「新閣僚に聞く:安倍改造内閣 法相・岩城光英氏」

この中に民法改正についてのコメントもあります。
最高裁大法廷回付がなされ、4日には弁論が開かれるので、
それを意識して、記者が質問したのでしょう。

-- 夫婦同姓と女性の再婚禁止期間を定めた民法の規定について、
最高裁が憲法判断を示す見通しです。

法制審議会が選択的夫婦別姓制度導入や再婚禁止期間短縮などを
答申しているが、国民の間にさまざまな意見があり、
慎重な検討が必要だ。最高裁の判断を注視したい。

紋切り型のコメントだと思います。
自民党の議員ですし、期待はしていなかったです。

「国民の間にさまざまな意見があり、慎重な検討が必要」なんて、
反対しているけれどはっきり言わないために、
お茶を濁しているということでしょうから。


posted by たんぽぽ at 16:13| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください