2015年07月20日

自分を下げたいからだ(2)

前のエントリで、百田尚樹氏が作家をやめるにあたって、
「自分を批判するのは、自分の人気を下げたいからだ」などと
自意識過剰なことを言ったことを、ご紹介しました。

水伝騒動の「えぼり」も、同じようなことを言ったことがあります。
アメーバで運営していた誹謗中傷ブログの告発をしたときです。

「旧悪をツイートしたらブログを閉鎖した」


「たんぽぽが批判したのは、自分の人気をねたんだからだ」とか、
「自分のブログが消えても、たんぽぽのブログの読者は増えないのに」
といった主旨のことを、「えぼり」は言っていたのでした。


百田尚樹氏と発想がまったく同じですよ。
「えぼり」は自分のブログの閉鎖のときで、百田尚樹は作家をやめると
宣言したときですから、シチュエーションも同じです。

批判者のことを「あいつは自分を下げたいからだ」と
勝手に動機を決めつけてdisるということに関しては、
「えぼり」と百田尚樹は同じ発想をする同類となるでしょう。


百田尚樹氏はいささか自意識過剰ではないかと言われていました。
同類の「えぼり」も自意識過剰ということになりそうです。


わたしが、「えぼり」の誹謗中傷ブログを告発したのは、
自分が過去にされたことを、あらためて訴えたかったからです。
「えぼり」のブログの人気をねたんだのではぜんぜんないですし、
「えぼり」のブログが閉鎖になったところで、
自分のところの読者が増えるなんで、少しも思ってないです。

だいたい「えぼり」の「お仲間」は、「えぼり」がどんな
でたらめなことを言っても、それにお追従をする人たちです。
「えぼり」がブログを閉鎖した理由をあとから変えたときも、
なんの疑問も持たずに、無批判に同意していたのでした。
新しく始めたブログに誹謗中傷の問い合わせが来たときも、
無視黙殺に協力したのでした。

「ブログ閉鎖の言いわけの変化」
「ブログを再開したけれど、誹謗中傷についての問い合わせは無視します」

そういう「お仲間」どうしで馴れ合って、他人の悪口を言い合って、
卑劣な保身に協力する人たちなんて、こちらから願い下げです。
わたしのおともだちには、おおよそふさわしくないですね。

「人間関係の維持のために」



付記:

「誹謗中傷ブログ」とは、「えぼり」がむかしアメーバの
非公開コメントの機能を利用して、わたしの誹謗中傷をしたブログです。
コメントのタイトルだけ現れるので、だれが書いたかわからないようにして、
誹謗中傷をすることができたのでした。

「匿名の後ろに隠れた安全な場所からの誹謗中傷(簡易ver.)」

「水伝騒動」のとき「えぼり」が運営していた誹謗中傷ブログの新着コメント欄  http://bit.ly/1RPZtsv  (2/22) 「水伝騒動」のとき「えぼり」が運営していた誹謗中傷ブログの新着コメント欄  http://bit.ly/1RPZtsv  (5/22)

これをツイートで告発したら、「自分を下げたいから批判したのだ」
などと「えぼり」は言い出したのでした。


posted by たんぽぽ at 19:03| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください