2015年07月12日

夫婦別姓の掲示板のオフ会?

以下のツイートは、わたしのことらしいです。
「夫婦別姓の掲示板」とか「お花のハンドル」とか
「こむすめ」とか書いているので、おそらくそうでしょう。

わたしは「夫婦別姓とかそのへんのフェミ系掲示板」の
「オフ会」に出たことなんてありませんよ。
なのであとに続けていることも、なんのことかぜんぜんわからないです。



「夫婦別姓とかそのへんのフェミ系掲示板」というのは、
ようはわたしがむかしかかわった、選択的夫婦別姓の
市民団体の人たちが集まる掲示板のことだと思います。

わたしはそこで、彼女たちの方針に終始批判的で、
常駐している人たちからいつも集中砲火を受けていました。
そんな掲示板のオフ会なんて、あったところで
わたしは行きたいなんて思わないです。
ほかの掲示板参加者たちも、わたしを呼びたいなんて思わないでしょう。

市民団体の掲示板のオフ会自体、あったかどうかも覚えていないです。
(1回くらいあったかもしれない。)
彼女たちは、自分たちの方針を絶対視して、
異論を唱えるものに対して異様に攻撃的でした。
また反対派のカチカンを尊重していると思われたくて、
反対派のおかしな認識を批判することを許さなかったのでした。

そのため掲示板の雰囲気は殺伐としていて、
オフ会を開こうなんて、和んだ雰囲気はぜんぜんなかったです。
彼女たちは院内集会で顔を合わせることがあるので、
オフ会を開く必要もなかったのではないかと思います。


「えぼり」はあたかも見てきたかのようなことを書いていますが、
当該オフ会に参加した事実がないし、ぜんぜん根拠のないことです。
わたしがおかしなやつだと思わせようと、印象操作をしているのでしょう。

「えぼり」は自分からしつこくわたしに嫌がらせを
続けているのに、自分がわたしからしつこく狙われていると、
「加害者が被害者になりすます」ことを言っています。
そういう自己中心的な認識を正当化したくて、
「「逃げ切って…くださいね」と真顔で言われた」とかなんとか、
もっともらしく書いているのだと思います。

「いったん狙われたらもうだめ?わたしのセリフだよ」
「他人に不利益を被らせてやろうとやってきた過去?それはあなたのことでしょ?」



付記1:

仮に事実だったとして、オフ会でのみ知り得たことを
無断で公開の場所で書くことは、プライバシーの侵害だと思います。


付記2:

「えぼり」はことあるごとに、わたしを「ねかま」呼ばわりしています。
これがその「根拠」ということなのでしょうか?




posted by たんぽぽ at 21:28| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください