2015年07月04日

名字の選択の幅が広い

結婚と名字に関する選択の幅が広いこと、そして数ある選択肢の中から、
自分に合ったものを選び取れることはこのましい、というツイートです。
選択肢の数は多いに越したことがないことです。



アメリカ合衆国の場合ですが、夫婦同姓、夫婦別姓や、
仕事とプライベートで名字を使い分ける人のほか、
生来の名字をミドルネームにしたり、ハイフンで名字をつないだり、
新姓を作るという選択もあるということです。

ハイフンで名字をつなぐかたは1.3%程度とあります。
それでもわずかなかたのためにも選択が認められるのは、
このましいことだと思います。
日本では1.3%どころか10%近くある夫婦別姓の希望者に対しても、
「無視できる少数」扱いで、選択が認められないままです。


ほかから与えられたものより、みずからの意志で積極的に
選び取ったもののほうが、一般に肯定感を持ちやすいです。
よって選択の幅が広いことは、アイデンティティの確保はもちろん、
「家族の絆」が大事という人にとっても効果的ではないかと思います。



posted by たんぽぽ at 21:30| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください