2015年04月18日

夫婦別姓・子の姓の議論

選択的夫婦別姓が、最高裁大法廷回付されたことを受けて、
朝日新聞が選択的夫婦別姓について、読者に意見を求めたのでした。
すこし前ですが、3月6日に記事になったので、ご紹介します。

「夫婦別姓どう思いますか? 読者のご意見紹介」



全体としては賛成のかたが多かったのはよかったと思います。
自分で考えて意見を述べるのは、実生活で問題に直面している
賛成のかたのほうが多いということかもしれないです。

しかし朝日新聞のご意見募集から1週間ほどで寄せられた
約30通の大半は、別姓賛成でした。 別姓を望む人は、
法的にも社会的にも自分の思いと異なる現実に
生きにくさを感じ、より切実なのだと思います。

大量ファックス攻撃
をしたり、おなじ文章をコピー&ペーストして、
大量の電子メールを送るといった、数にものを言わせることは、
反対派(非共存派)が得意ですね。


内容ですが、わたしが気になったのはこの意見です。
子どもの名字に関する議論も、さんざんなされていますよ。

早急な導入は望まない。子どもの姓に関する議論が進んでいないからだ。
出生届の提出時に一方の姓を選択するのか、
また第2子以降の姓を統一する必要があるのか、慎重に議論されるべきだ。

法制審議会の案は、子どもの名字は統一するというものです。
この場合、婚姻届けを出したときに、子どもの名字は
どちらにするかも、いっしょに届け出ることになっています。
民主党の案などは、子どもの名字は夫婦のどちらでも選べて、
出生ごとに届け出るというものです。

夫婦間の公平性の確保や、きょうだいで名字の異なる
事実婚夫婦の子が改姓を迫られること、結婚した両家がともに家の名字を
残したい場合があること、子どもを持たない場合でも、
子どもの名字を申告することが求められることを考えると、
子どもの名字も選べるほうが、望ましいことはもちろんのことです。

「子の苗字を統一?」


以下のエントリでは、
--------
1. 夫婦別姓を選んでも、子どもの名字は夫の名字を選ぶよう
圧力がかかる可能性がある。
2. 多様性の確保のために、子どもの名字は選べるほうがいい。
3. すでにきょうだいで名字がおなじでない事実婚夫婦の場合、
婚姻届けを出すと、改姓を迫られる子どもが出てくる。
4. 反対派の妥協のためなら無意味。
--------
の4つの理由を挙げて、子どもの名字を統一する案に反対しています。

「子の姓は統一・・・反対です」


子どもの名字を統一する法制審議会の案でも、
ペーパー離再婚を使うことで、子どもの名字をわけることはできそうです。
わたしが検討したところ、婚姻届け2回に、離婚届け1回が必要で、
手続きがかなり複雑になってしまいます。


謝辞:

2月21日エントリのコメント欄で、朝日新聞の記事を
教えてくださった魚さま、ありがとうございます。


posted by たんぽぽ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。「ひまわり計画」のさくらです。
自分ではWeb上で発言をしないようになりましたが、たんぽぽさんのツイッターはよく読んでいます。
懐かしい記事を紹介していただき、ありがとうございます。
これは、Web魚拓みたいなので保存されていたのでしょうか。
閉鎖して久しいので、自分でも、あーこんなこと書いていたなーという感じです。
この記事を書いた当時は、法制審の答申があったときは高校生だったのに、法改正前に結婚するとは。
今年第1子を出産しまし、もう「この子が結婚するころには法改正されているかしら」という心境です。
Posted by さくら at 2015年06月04日 19:19
さくらさま、おひさしぶりです!
またわたしのブログにコメントをくださり、
まことにありがとうございます。

>たんぽぽさんのツイッターはよく読んでいます。

ありがとうございます。
つたないツイートで、ちょっと恥ずかしかったりもします。


>懐かしい記事を紹介していただき、ありがとうございます

いえいえ。
こちらこそ、参考になりました。

>これは、Web魚拓みたいなので保存されていたのでしょうか

「インターネット・アーカイブ」というサービスです。
過去のログを、たぶんランダムに保存するものと思います。
http://archive.org/web/

>法制審の答申があったときは高校生だったのに

来年で20年目です。
韓国の家族法改正も2000年代にほぼ終わり、
欧米の民主主義国は同性結婚を認めることが重要課題になっているのに、
日本はなにをやっているのかと思います。


>今年第1子を出産しまし、

おめでとうございます。
みんなどんどん家族が増えていくのですね。

>もう「この子が結婚するころには法改正されているかしら」という心境です。

そういう心境になるのも無理もないですね。
どこかでブレークスルーがあればいいんだけど、
いまさら期待できないですし。
Posted by たんぽぽ at 2015年06月04日 22:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック