2015年02月10日

人格異常者と言われた

2月7日エントリ2月8日エントリの続き。

わたしをブロックした民主党支持者のかたは、
「お仲間」たちと、わたしについて談義を始めました。
ようはわたしに対する誹謗中傷ということです。

「とある民主党支持者たちの誹謗中傷(クリティシズム)」
「とある民主党支持者たちの誹謗中傷(クリティシズム)」


はじめにつぎのかたのコメントを見ていきたいと思います。
最初から「あれはキチ○イ」などと言っているのが強烈です。

「ホワイトハウス」による誹謗中傷

わたし程度で「極度なジェンダー論」ですよ。
このかたは「反フェミ」のきらいがあるのかしら?と思います。
しかも民法改正を主張すると「左翼そのもの」とも言っています。
このかたは選択的夫婦別姓にも反対なのでしょうか?

わたしのブログをご覧になってとくに違和感がないかたなら、
このツイートのかたに言わせたら、やはり「極度なジェンダー論」で
「左翼そのもの」になる、ということなのでしょう。

なぜわたしが民主党に関心を持つようになったかと言えば、
民主党は民法改正の実現を長年公約にしているからですよ。
ツイートのかたはぜんぜん知らなかったのかと思います。


「ホワイトハウス」による誹謗中傷

今度はわたしの個人的事情を持ち出しての攻撃ですよ。
格差問題を重視していて、非正規雇用の待遇改善を目指している
民主党の支持者が、非正規雇用で悩んでいることを
「自己責任」ということにしたり、自分の好き嫌いで
助けたり助けなかったりしていいのかと思います。


あとはひたすら、わたしのことを人格異常者呼ばわりです。
最初のツイートでも、のっけから「あれはキチ○イですよ」です。
つぎのツイートでも「完全に人格が歪んでますよ」などと言っています。

ネットでちょっとやりとりしたくらいで、人格が異常とか
ひずんでいるとか、簡単に決めつけないでほしいですね。
一般にネットのすこしのやりとり程度で、人格について安易に否定的な
言及をすることは、つつしむことだと思います。


以後もこんな調子ですよ。

「ホワイトハウス」による誹謗中傷

「ホワイトハウス」による誹謗中傷


「多分病院にも罹ってますよ」なんて、わたしの私生活を実際に
知っているわけでもないのに、なんでこんなことまで言えるのかと思います。
だいたいわたしが本当になにかの病気で、
通院していたらどうするのかと思います。
その病気のかたに対する偏見にもなりかねないと思います。

このように自分の気に入らない人を「異常」ということにするのは、
残念ながらよくあることだと思います。
レッテル貼りとおなじようなもので、本人は気持ちがいいのでしょう。


わたしを人格異常者呼ばわりし続けたこのかたは「ホワイトハウス」
すでにツイッターでは、わたしをブロックしています。
ここで取り上げたツイートも、全部削除しています。

このかたとは一時期相互フォローだったこともあったのですが、
いつのまにかわたしは縁を切られていたのでした。
わたしのことを嫌いになったのだろうとは思っていたのですが、
ここまで憎悪が渦巻いているとは思わなかったです。

このかたは男性だと思いますが、アイコンは女性の写真です。
よくあるパターンと言えます。(美女のアイコンで口が悪いとギャップが...)
このかたは女性アイドルの写真をよくツイートすることがあって、
これが若干気になるかもしれないです。


posted by たんぽぽ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も「左翼のキチガイ野郎!」とネットで罵られましたが、偶然リアルにお会いしたら私を見て真っ青になり、ペコペコしていました。
そんなもんですね。
Posted by わんわん at 2017年03月16日 15:12
こちらにコメントありがとうございます。

>ネットで罵られましたが、偶然リアルにお会いしたら

とんだ「ネット弁慶」でしたね。
どうせリアルで直接会うことはないと、
たかをくくっていたのでしょうけれど。
実際に会うとなかなかすさまじいことになりますね。

リアルで会ったわけではないのに、
批判されるとそそくさとツイートを消す人は、
リアルで会ったらどういう反応をするかと思います。
(某大物ネトウヨみたいに、警察を呼ぶのでしょうか?)
http://pissenlit16.seesaa.net/article/442013562.html
Posted by たんぽぽ at 2017年03月16日 23:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック