2014年12月12日

政党助成金のための投票

ちょっと変わった「投票には行くべき、棄権するな」論です。
なんのためかというと政党助成金のためです。
わたしもこの発想は出て来なかったです。
言われてみればたしかにそうなのですよ。

「投票でカンパを!」
(はてなブックマーク)

========
しかし、政党交付金の関係では、決して無駄(死票)にはならないのだ。
政党の公認候補者の、小選挙区の得票も比例区の得票も全国集計され、
政党交付金算出基礎になるのである。小選挙区の票と比例区の票は、
それぞれが1票であるから、同じ政党でなくとも無駄にはならない。
========

政党助成金は半分は獲得議席の数に応じて、
残り半分は得票率に応じて算出されます。
あなたの一票は投票した候補者が落選しても得票率は上げますから、
政党助成金を算出するためにかならず加算されて、
その意味では絶対に「死票」にならないということです。
つまり候補者の所属政党の政党助成金の増額に貢献するのですね。

野党に投票する予定だったかたが棄権することで、
相対的に自民党の得票率が高くなります。
これによって自民党が得る政党助成金も増えることになります。
自民の受け取る政党助成金をすこしでも減らすために、
自民の獲得議席が減らせないなら、自民の得票率を減らすべく
野党のどこかに投票しろということです。

========
だから棄権したのでは、多く得票するであろう
自民党の政党交付金を増やすことになるのだ。
“ストップ the 安倍”と考えている有権者は、絶対に棄権してはダメなのだ。
結果として、自民党を資金的に利することになるからだ。
========


野党と言っても共産党に投票するのは、
政党助成金の観点からは意味がないですね。
共産党はご存知のように政党助成金を受け取らないからです。
========
共産党に投票しても、政党交付金の面ではダメなのだ。
共産党は、政党交付金の届出(請求)をしないからである。
========

共産党のように政党助成金を受け取らない政党があると、
そのぶんの助成金は、ほかの政党どうしで分け合うことになります。
政党助成金の総額は決まっていて、受け取らない政党があっても
総額が減るということではないのですね。

よって共産党に投票すると、政党助成金の観点では
かならず「死票」になるということです。
自民党の得る政党助成金を減らすことに寄与しないわけです。


付記:

最後のほうに
========
棄権しないようにとマスコミはいうが、こういうことは言わない。
政党も恥ずかしいのか、このことを言わない。
========
とありますが、そうではなくマスコミも政党の関係者も
だれも気がつかなかっただけではないかと思います。
わたしもこの記事を見るまで、気がつかなかったですし。


posted by たんぽぽ at 21:02| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください