2014年10月01日

女性閣僚の生来の苗字

なかなか興味深い指摘です。
そういえばそうなのですよね。
安倍政権の女性閣僚はみんな生来の苗字を使っていて、
婚氏を使っていない、もしくは結婚改姓していないのですね。

https://twitter.com/oritako/status/507724048348880896
========
女性閣僚の方々、実は全員が「生来の姓」を名乗っておられるのだ。
高市氏、山谷氏は別姓反対だが通称使用、松島氏は別姓賛成で通称使用、
小渕氏は夫が改正、有村氏は不明だが先祖と同じ姓。 /
 “女性閣僚増えてよかったね (1/2)” http://htn.to/LaKd3X
========


有村治子氏の夫は中国系のマレーシア人で、
結婚したときは日本国籍ではなかったのでした。
国際結婚の場合、外国人配偶者に戸籍は作られないです。
結婚改姓しないほうが一般的ですし、結婚改姓が必要な場合は、
半年以内に手続きが必要です。

「国際結婚と苗字」

夫は現在日本国籍を取っていますが、調べたところ有村治子氏は、
夫の苗字が戸籍姓だという記述はないようです。
かりにそうだったとしても、議員活動では有村姓を名乗っていますから、
生来の苗字で活動していることはたしかです。
(父は有村國宏、兄が有村國俊で、ともに有村姓です。)


ここまでくると、女性が結婚前のキャリアを維持するためには、
結婚改姓しないことが必要なのは、あきらかだと思います。
これくらい既成事実を作っておきながらも、
安倍政権の「女性活用」とやらは、選択的夫婦別姓の導入には
まったく不熱心なのでしょう。

高市早苗なんて「わたしたちはみんな通称使用だから、
通称使用でじゅうぶんだ、そして通称使用を使いやすくする
法整備を検討している」なんて言うのでしょうし。


posted by たんぽぽ at 07:19| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください