2014年01月13日

ここでも絡んでいた

「男性差別」とか言っている、あの「sakaeru」という人が、
つぎのエントリのコメント欄にも登場していましたよ。昨年の5月です。

http://d.hatena.ne.jp/okumi/20130228/1362021954#c

エントリの主旨は、女子差別撤廃委員が日本に出している
中絶についての勧告と、それに対する日本政府の対応です。

「女性差別撤廃条約違反では?」

そこへ「sakaeru」が現れて、兵役が男性だけにあるのはどう思うか?とか、
レディファーストがどうのとか、いつものことを尋ねているのですよ。
ブログ作者はそれらについてはたいして関心がなく、
時間と興味と知識がないので自分で調べてくださいと言うのですよね。

それでも「sakaeru」はしつこく絡もうとするのですが、いつものことですね。
対話を打ち切られそうになると、「男性差別を温存したいんだ!」とか、
言いがかりを付けてくるのも、いつものことだと思います。

「sakaeru」は、相手はかならず自分の興味に
つき合わなければならないとでも思っているのかと思います。
ジェンダー問題を扱っているからといって、ジェンダーに関係のある
すべての話題に興味があるわけではないのですけれどね。
エントリの主旨と関係ない話題を持ち出して「これについて意見を言え」
と言われるのは、負担のかかることでもあります。

このブログはコメントが承認制になっています。
もしかすると最後のほうは、「sakaeru」のコメントを
ブログ主が承認しなかったことも、考えられなくもないですね。


「sakaeru」という人は、前にmacskaさんのところでも、
おなじように興味のない話題を仕掛けて嫌がられていたのですよね
「sakaeru」という人は、自分が「フェミ」と思ったかたのところへは、
ことごとく絡みに行っているのかもしれないです。
(まだほかにも「sakaeru」が登場したブログはあるかもしれないですね。)

わたしは「sakaeru」を過去に4回出入り禁止にしています。
これはとりもなおさず、それだけ何度も「sakaeru」を
相手にしているということでもあるのですよね。
やはり、わたしは人一倍お人好しなのかもしれないです。

1回目: 「投稿お断わりのお知らせ」
2回目: 「投稿お断りのお知らせ」
3回目: 「投稿お断りのお知らせ」
4回目: 「投稿お断りのお知らせ」


付記:

「sakaeru」が持ち出した、「兵役の義務」「交際費の負担」
「愛の告白、キスやSEX等のアプローチ」「レディーファーストなどの気遣い」
について、ブログ作者は
個人的には,おっしゃるようないわゆる“男性が平然と
押し付けられていること”の問題は,いわゆる女性への差別と裏表だと思いますし,
例に挙げられている4項目は,すべて,「女性にはそうした行為が禁じられている」
という受け止め方も可能だと思います。
とお答えしています。
やはりそう考えますよね。


posted by たんぽぽ at 11:59| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください