2013年11月27日

チベットに対する民族差別

bogus-simotukare氏というはてなの世界で有名なかたが、
チベットに対して民族差別発言をしたというので、騒ぎになっています。
ブックマークにメタブックマークまでついて、大変なことになっていますよ。

「bogus-simotukare氏ははてブでチベットを愚弄したいのか? 」
(はてなブックマーク)
(メタブックマーク)
「皆さん,これがレイシズムです」
(はてなブックマーク)
(メタブックマーク)


bogus-simotukare氏はすさまじいことに、はてなブックマークで
「チベットはいらない子」「低能民族チベット」というタグを作っているのですよ。
このような特定民族の否定は、レイシズムと言わざるを得ないです。
政治家がこれを言ったら、「失言」として猛烈に批判されるでしょう。

bogus-simotukare氏がMukkeさんというかたと、
チベットに関することで議論になっていることは知っていました。
このときbogus-simotukare氏のチベットに対する攻撃的態度がひどいなとは
ちょっと思っていたのですが、ここまで来ているとは思わなかったです。

「「逆右翼」と反中主義者たちをめぐって--梶ピエール氏への応答」
「本職の歴史家に史料批判とは何かについて説教する蛮勇」
「「右翼」を批判するために少数民族を差別するという本末転倒,
あるいは笑えない冗談について」



bogus-simotukare氏は共産党支持を公言しているかたです。
そういうかたであれば、人権とか民族差別には敏感そうに思いますが、
じつはかならずしもそうではなく、自分の主義思想や保身のために
他者の人権を踏みつける本末転倒な人も、結構いるのですよね。
「俺の嫌いなものは差別と黒人」とおなじようなものです。

bogus-simotukare氏はネトウヨがお嫌いなようです。
それで「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」で、ネトウヨが過剰に持ち上げる
チベットまで嫌いになったのでしょう。
ネトウヨは日本国内の異民族である在日コリアンやアイヌなどに
対しては差別的ですが、チベットの人権にはやたらこだわります。
「逆右翼」と言われていますが、bogus-simotukare氏の
やっていることは、ちょうどその裏返しになると思います。


じつはわたしも以前、bogus-simotukare氏から
「バカの見本」「小沢信者」などと言われたことがあったのですよ。
bogus-simotukare氏というかたは、自分が嫌いな対象に対しては、
もともと攻撃的なのかもしれないです。

「参院選・有権者の責任」
「はてなブックマーク - 参院選・有権者の責任」


それから、小沢一郎氏が政治資金問題の裁判で無罪になったときも、
それを懐疑することを、bogus-simotukare氏は言っていました。
無実と無罪は違うなんて、安倍晋三みたいなことを言いますね。

「はてなブックマーク - 小沢一郎氏無罪判決を受けて」

========
無罪判決を受けたからって「真っ白」のわけじゃないし、
エントリ主も確か「小沢は絶対有罪」といったわけじゃない
(むしろ批判したのは証人喚問から逃げたふざけた態度)から
謝罪の必要ないと思うけどね
========

証拠をしめして論戦する裁判の結果を疑うのかと思いますが、
「低能民族チベット」というタグをはばかりなく作る感性であれば、
これくらいの司法軽視はむべなるかな、かもしれないです。


付記:
ブックマークなどにコメントしている多くのかたたちが批判的な中、
bogus-simotukare氏をかばっている人たちもいることはいるのですが、
それが「kyo_ju」と「Cunliffe」というのが「いかにも」という感じです。


posted by たんぽぽ at 22:12| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください