2013年11月12日

専門のかたが来られた

メインブログの11月6日エントリ「外国から見た専業主婦」
コメント欄に起こしいただいた山口一男さまは、
なんと5月30日エントリでご紹介の、ワークライフバランスが晩婚化を緩和する
という論文をお書きになったかたですね。

「期待形成と社会改革:少子化対策、男女共同参画、雇用制度改革へ意味すること」




山口一男さまは、わたしのブログでも何度も紹介している、
政府が推進している「少子化危機突破タスクフォース」の委員のひとりです。
会議で提出した資料もワークライフバランスを中心に書いています。

「タスクフォース」の会合では、「ワークライフバランスは
少子化対策に重要でない」などという意見が出たのですが、
山口一男さまはその場で資料を出して反論できなかったので、
あとから書いたのが、さきにリンクしたRIETIの論文です。


ようするに、わたしのブログにその道の専門家という、
すごいかたがお越しになったということです。
とてもびっくりしています。恐れ多いです。
じきじきにコメントをくださり、重ねがさね恐縮です。



posted by たんぽぽ at 19:31| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください