2012年05月25日

生活保護と部落差別

生活保護については、受給者の置かれている状況は
決してかんばしいものでないにもかかわらず、
たとえばわずか0.4%しかない不正受給を
ことさらにあげつらったりと、
バッシングをする人が後を絶たないです。


 
生活保護に対するバッシングは、いわば社会の中に
自分たちより「下」の存在に対して攻撃することで、
不満のはけ口にしているのかもしれないです。
そう考えると、現代の生活保護は、江戸時代の部落差別と
おなじようなものだと言えるでしょう。

江戸時代の部落差別も、部落民が自助努力で
自分たちの生活を向上させると、「上」の反発を買い、
さらなる迫害を受けて、生活が破壊されたのでした。

現代の生活保護も、働いている人の収入よりも、
たくさんもらっているとか、じつはぜいたくしているとか、
甘やかされているとか言われて、
受給額を減らす議論にしばしば向かいます。


学校で江戸時代の部落差別を習ったとき、
「庶民より『下』の存在を作ったところで、
そんな方法で不満をそらすことができるの?」と
わたしはしばし疑問に思ったのでした。
(おなじ疑問を持ったかたも、多いでしょうか?)

現在の生活保護バッシングを見て、
かかる江戸時代の部落差別のメンタリティが、
なんとなく理解できたような気がします。


posted by たんぽぽ at 06:47| Comment(4) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抗議の行動を!!お願いいたします。m(_ _)m

東京都日野市 ケースワーカー栗田と前課長星野は、生活保護費支給を盾にとり!受給者に対し『名誉毀損』『許可無くポストの郵便物を物色』『個人情報漏洩』『誹謗中傷』を、日常的に繰り返している

電話番号(TEL)・住所
電話番号 042-585-1111
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目12-1

抗議の声を!皆さん方の力が必要です!!お願いいたします。m(_ _)m
Posted by カステポー at 2013年07月08日 00:23
カステポーさま、いらっしゃいませ。

生活保護の窓口対応は、えげつないことが多く、
触法行為にあたるものもすくなくないですね。
ときどき裁判になって、自治体が敗訴しているというお話を聞きます。

わたしのこのブログは読者がごくすくないですが、
情報の拡散にお役に立つようでしたらさいわいです。
Posted by たんぽぽ at 2013年07月09日 19:44
抗議の行動を!!お願いいたします。m(_ _)m

東京都日野市 ケースワーカー栗田と前課長星野は、生活保護費支給を盾にとり!受給者に対し『名誉毀損』『許可無くポストの郵便物を物色』『個人情報漏洩』『誹謗中傷』を、日常的に繰り返している

電話番号(TEL)・住所
電話番号 042-585-1111
〒191-0016
東京都日野市神明1丁目12-1

抗議の声を!皆さん方の力が必要です!!お願いいたします。m(_ _)m
Posted by か弱き者 at 2013年07月11日 18:47
おなじかたのようですね?
Posted by たんぽぽ at 2013年07月12日 23:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください