2012年05月23日

欧米の左翼と日本の左翼

「欧米の左翼と日本の左翼」という記事があります。
コピーペーストされているので、どこかで見たことがあるかたも
いらっしゃるかもしれないです。

http://anond.hatelabo.jp/20100927093959

 
========
欧米の左翼:「○○であるならば△△である。
        ゆえに□□すべきという結論が導き出される」
日本の左翼:「だって、だって、○○さんたちがかわいそうでしょ〜」

欧米の左翼:自国を愛するがゆえに、自国をもっとより良い
               社会にしようと思い、左翼になる。
日本の左翼:中高生の時に悲惨なイジメに遭ったため、
               日本社会全体に憎悪し、左翼になる。

欧米の左翼:常に現実と向き合う。
日本の左翼:常に現実から逃避する。

欧米の左翼:政府のやり方に反対する場合は、できる限り、
        具体的対案を提示することに努める。
日本の左翼:はなっから具体的対案を提示しようとは考えないし、
        低IQゆえにそうした能力を持ち合わせていない。
     「政府のやり方に反対するカッコイイボク」に
          自己満足するのが目的。

欧米の左翼:自明の原理を疑う。
              なぜか。新しい哲学と政策を作るために。
日本の左翼:自明の原理を後生大事にする。
              なぜか。内輪で盛り上がるために。

欧米の左翼:あらゆる既成概念を疑うことから、全ての思考が始まる。
日本の左翼:「平等」「平和」「正義」といった 薄っぺらい観念を
        そのまま信じ込むだけで終わる。

欧米の左翼:異なる価値観の交差。
日本の左翼:異なる価値観の排除。

欧米の左翼:基本的にプラス評価。
        「○×は大切だ」「□▲には価値がある」と訴える。
日本の左翼:基本的にマイナス評価。
        「○▲はいけない」「断固反対する」と叫ぶだけ。
========


欧米と日本との左翼が、本当にこんなにきっちりと
対比されるものなのかどうかは、わたしはわからないです。
それでも、まともなリベラルと、だめなブサヨク
典型をしめしたと見ることはできるでしょう。

まともなリベラル(欧米の左翼)を目指しているか、
だめなブサヨク(日本の左翼)に陥っていないか、
自己点検に使うこともできるかもしれないです。



posted by たんぽぽ at 08:54| Comment(2) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここで「日本の左翼」の特徴として挙げられている点は、近頃のネット右翼などとも顕著に共通するので、「左」「右」に関係なく、「自分(たち)の世界観が何より大切」「その中で自己実現したい」という人、世の中に満たされない気持ちを抱いて「自分探し」をしている人が、何かのきっかけで「左」になったり「右」になったりしているけれど、中身は同じなのではないかと思われます。
Posted by 御光堂 at 2012年05月23日 09:47
このエントリにコメント、ありがとうございます。

>ここで「日本の左翼」の特徴として挙げられている点は

そういえば、数カ所書き直せば、そのまま右翼の特徴になる、
と言っていたのを、どこかで見たように思います。
(どこにあったのかは、忘れてしまったけれど。)

左翼にかぎらず、どのような政治思想を持った
集団であっても、おなじようなことはあてはまるの
かもしれないですね。
Posted by たんぽぽ at 2012年05月25日 06:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください