2011年04月07日

福島原発事故の記事

福島第一原子力発電所に関する記事を集めておきます。
(随時追加予定。)



 
>原発損傷に関する一般的なこと

「放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」」
よい記事と定評あり。

「英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳」
『ネイチャー』の記事の日本語訳。

「福島原発GJ!」
「MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説」
「うんち・おならで例える原発解説」
「福島原発で起きていること」



>原子力についての基礎知識的なこと

「細かいメモ(報道や発表、twitterなどで気になる「知識の混乱」)」
「「健康にはただちに影響しない」とはなにか」
「気象庁マグニチュードとモーメントマグニチュード」
「よくわかる原子力」



>原子力行政

「原子力安全・保安院の問題体質 経産省「植民地」、そして「東電の虜」」
「悲劇を増幅させた同質社会と官僚体質【前編】」
「地に落ちた安全神話─福島原発危機はなぜ起きたか」

「佐藤栄佐久・前福島県知事が告発 「国民を欺いた国の責任をただせ」」
(ニャオ樹・ワタナベさま、ご紹介ありがとうです。)

「原子力安全・保安院:経産省から分離…新たな規制機関へ」
「保安院、経産省から分離を検討 原子力行政で首相」



>原発震災の警告

「「迫り来る大地震活動期は未曾有の国難である」」



>デマ、とんでも

「RKの「通常運転」など」
リチャード・コシミズと「心に青雲」は平常運転。

「福島原発4号機 不明社員2人の遺体」
「消えた東電社員について」
「勝谷誠彦と二階堂が「逃げて酒を飲んでた」とデマを流した東電社員二名、遺体で発見」
地震発生直後、福島原発で行方不明になった
ふたりの東京電力の社員についてのデマ。
(飛び入りの凡人さま、ご紹介ありがとうです。)



>その他

「原発論争(メモ)」
「Fish out of the Water(原発論争其の二)」
東京電力の国有化の議論など、さまざまな記事を集めている。

「武田邦彦氏の功罪」
武田邦彦氏(「イルカと託児所」のかた)の記事は玉石混合で、
信頼できるところとそうでないところがある。
とくに疫学の知識はかなりあやしい。
自分で判断できないかたは、信用しないほうがいいとおすすめ。

「差別を許容するコスト」
本当に賢い人は利己的であっても差別をしない。



posted by たんぽぽ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集・引用・翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック