2023年01月11日

反論を考えているうちにブロック

1月10日エントリの続き。

「日本政府は女子差別撤廃委員会から
選択的夫婦別姓の勧告を受けていない」と
おかしなことを言う反対派(非共存派)は、
なんと、わたしをブロックしました。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月10日

CEDAWから勧告を受け続けている

1月9日エントリの続き。

選択的夫婦別姓の実現に関して、
日本政府は現在、女性差別撤廃委員会から
勧告を受け続けている状態です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月09日

CEDAWから勧告を受けていない?

選択的夫婦別姓を導入しないことで、
国連女子差別撤廃委員会から、
日本政府は繰り返し勧告を
受け続けています。

この女性差別撤廃委員会からの勧告を
日本政府はもう受けていないなどと、
みょうなことをいう選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)がいます。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月08日

選択的夫婦別姓の実現は劣情ではない

前のエントリでお話した、共産党と
統一教会を同列に並べた「正論」の続き。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統一教会と共産党を並列する発想

1月6日エントリで、「選択的夫婦別姓の
推進派は共産党の手のひらの上で
踊っている」と言ってきた、
「正論」のツイートをご紹介しました。

「共産党の公約は公党としての責務」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統一教会の理解者・言われる側の資質

1月7日エントリの続き。

「正論」のような選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)は、統一教会の
理解者になればいいと、わたしは
ツイッターでもお話しました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月07日

選択的夫婦別姓反対のための統一教会

1月6日エントリの続き。

「正論」のような選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)は、統一教会の理解者に
なればいいのにと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月06日

共産党の公約は公党としての責務

1月4日エントリの続き。

「正論」は今度は、選択的夫婦別姓の
推進派は共産党の手のひらの上で
踊っている、などと言ってきました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月04日

統一教会と同じ主張をする必然性

12月3日エントリの続き。

「反対派(非共存派)の主張は
統一教会のそれと同じ」であって、
「反対派(非共存派)は統一教会と
かかわりがある」ではないと、
ツイッターでも「正論」にお話しました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被害者救済法で終わらせないために

「たんぽぽのなみだ」ブログの
1月3日エントリで、統一教会の
被害者救済法が成立したことを
少しお話しました。

「統一教会・被害者救済法が成立」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

自分が反対する理由を問題にしない?

1月2日エントリの続き。

「夫婦別姓は子どもに悪影響
という根拠はなんだ?」と訊かれた
反対派(非共存派)は、「そう答えた
7割の人に訊いてください」
などと言ってきたのでした。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月02日

そして個人が力を発揮できる社会へ

11月22日エントリの続き。

三春充希氏はは子ども時代の
自由と広い世界を少しでも
取り戻すために、政治に託している
という趣旨のことを言っています。

「遊びはどこへ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもに悪影響・自分の意見はなにか?

1月1日エントリの続き。

「夫婦別姓は子どもに悪影響があると思う、
という人が7割いる」と主張する
反対派(非共存派)は、自分でもそう
思っているものと考えられます。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

7割を説得する必要はあるか?

12月29日エントリの続き。

「夫婦別姓は子どもに悪影響があると思う、
という人が7割いる」と主張する
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
「推進派はこの7割の人たちを
説得する必要がある」とも言います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする