2022年04月30日

男性の改姓が多い特殊な環境かも

男性が改姓するケースは多い、
自分の知り合いには改姓した男性が
たくさんいる、という選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)です。

「夫婦同姓で家族共同体になる」
という反対派(非共存派)に、
わたしがリプライしていたら
そこにリプライしてきた人です。


続きを読む


posted by たんぽぽ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親が結婚改姓しても子は改姓しない

4月29日エントリの続き。

子どもは改姓を望まないなら
改姓しなければいい、ということを、
問題の反対派(非共存派)に、
わたしはツイッターでもお話しました。

「夫と子どもの改姓は任意・押し付けはない」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月29日

子どもに「望まない改姓」はない

4月27日エントリの続き。

妻が旧姓に戻したので、夫が改姓して
夫婦同姓になった場合の続き。

夫が妻の旧姓に改姓するのは、
改姓の手続きの手間を配偶者(夫)と
子どもに負わせると言う反対派
(非共存派)が出てきた
のでした。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

話し合いはなく女性が改姓するのでは?

前のエントリの続き。

「夫婦同姓となるために話し合いと
擦り合わせがある」と言っている
選択的夫婦別姓の反対派
(非共存派)についての続きです。

「話し合いも擦り合わせもなく女性が改姓」
「男性が代わりに改姓することもない」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

望まなくても女性に改姓させるのでは?

「たんぽぽのなみだ」ブログの
4月26日エントリで、「夫婦同姓となるために
話し合いと擦り合わせがある」と
言っている選択的夫婦別姓の反対派
(非共存派)のお話をしました。

「話し合いも擦り合わせもなく女性が改姓」
「男性が代わりに改姓することもない」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫と子どもの改姓は任意・押し付けはない

3月21日エントリで、妻が旧姓に戻しても
夫が改姓すれば夫婦同姓になれる、
だから夫は夫婦別姓が嫌でも
避けられる、というお話をしました。

「妻が旧姓に戻しても夫婦別姓は避けられる」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月23日

反対派は否定した女性の改姓の負担

4月16日エントリの続き。

「子どもは改姓すれば親子同姓に
なれる」というシチュエーションになると、
「正論」は猛烈に「改姓は負担だ」という
主張を展開しはじめました。

「夫婦同姓がいいが自分は改姓したくない」
「改姓の負担がなくなる?微妙なすり替え」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月16日

反対派に援護・答えはすでにある

「親子同姓を切望する子ども」なら、
迷わず改姓して親子同姓になるはず、
という問題について、わたしは「正論」と
議論(?)を展開していました。

「子どもも迷わず改姓するでしょう」

そこへべつの選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)がリプライしました。
「正論」を擁護したくなったのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改姓の負担がなくなる?微妙なすり替え

前のエントリの続き。

「親子同姓を切望する子どもは
改姓の負担がなくなると、たんぽぽは
言っている」と、「正論」は言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反対派は無視した子どもの改姓の負担

4月14日エントリの続き。

「子どもの改姓の負担」は、
じつは選択的夫婦別姓の推進派から、
何度もしめされていました。
子連れの女性が再婚する場合です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月14日

自分が嫌な改姓を押し付けるのは反対派

4月13日エントリでご紹介した
「正論」のひとつ目のツイートは
とても盗人たけだけしいです。

「女性(母親)は子の改姓を強要しない」


「自分は改姓したくないけれど
家族同姓がいいから妻(母)に
改姓させる」と言っているのは、
「正論」をふくめた、選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)だからです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

女性(母親)は子の改姓を強要しない

4月10日エントリの続き。

「子どもは改姓すれば親子同姓になる」
という状況になると、「改姓の負担」を
主張して、親子同姓になろうとしなくなる
「正論」が想定する「子ども」の続き。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月10日

子どもは親子同姓でなくてもよかった

前のエントリの続き。

妻が旧姓にもどして父親が改姓して
妻の旧姓を名乗った場合、
子どもも母親の苗字に改姓すれば
念願の親子同姓になれる、という
お話をしていました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

騒動の元凶は自己中心的な反対派

前のエントリの続き。

「夫婦同姓(親子同姓)がいいけれど、
自分は改姓したくない。だから妻(母親)が
望まなくても改姓させる」というのが
「正論」の考えであることがわかりました。

「「夫婦同姓がいいが自分は改姓したくない」」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:40| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧姓に戻さない女性を探せばいいのに

4月5日エントリの続き。

「女が望まない改姓などと抜かすな、
ふざけるな」といきりたつ「正論」の続き。

「正論」は妻が旧姓にもどすことが
よほど気に入らない、というか
許しがたいことのようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:37| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月09日

悔しさはあふれていたかもしれない

4月8日エントリの続き。

「ミソジニー」を知らなかった
「吹奏楽ミッション」ですが、
自分の無知を指摘されて
どんな心境だったかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:48| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

必要ないから知らないと開き直る

4月7日エントリの続き。

「ミソジニー」が「三十路」だと
言っている「吹奏楽ミッション」は
衝撃的レベルだと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月07日

ミソジニーを知らないミソジニー

「ミソジニー」ということばを知らない
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)です。

しかも「ミソジニー」を「三十路」の
ことだと思っています。
これは衝撃的レベルで「痛い」と思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:42| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月06日

すり替えでなく理解力と記憶力の問題?

前のエントリの続き。

オウンゴールして、それに気づいて
いないらしい「どっこいしょ」の
理解力を懐疑する意見もあります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:46| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウンゴールに気づくか気づかないか

4月2日エントリの続き。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
議論でゴールを動かしているうちに
オウンゴールすることがある、
というお話をしました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:43| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする