2019年12月14日

法的整合性とジェンダー平等はどこへ?

選択的夫婦別姓は女性差別だと熱弁する
反対派「Pちゃん」に、日本で導入する
選択的夫婦別姓は女子差別撤廃条約にもとづく
ジェンダー平等のためだということを、
わたしはツイッターで直接リプライしました。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 14:28| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党が選択的夫婦別姓に反対する理由

自民党が選択的夫婦別姓に反対することで、
票が立憲民主党や共産党に回って、
自民党の議席が減るのではないかと、
疑問を持つかたがいらっしゃります。

夫婦別姓を選択したい人は結構多いと
考えられるので、選択的夫婦別姓に賛成する
政党のほうが支持が得られると
考えているということです。

この疑問についてわたしが考えていることを、
今回はお話したいと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 14:21| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族制度は恒久普遍という信念

前のエントリの続き。

「結婚改姓すると配偶者の親の相続権がない」と
法的根拠のないことを熱弁する「Pちゃん」は、
まだまだ妙なことを言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:29| Comment(0) | 法律一般・訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族制度は文化圏・時代で変化する

12月13日エントリの続き。

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
「Pちゃん」は、前のエントリでご紹介の
ツイートで奇妙なことを言っています。

「Pちゃん」に言わせると「家族制度は
この世に制度という概念が登場する
以前から存在する」のだそうです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:20| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする