2019年06月10日

選択的夫婦別姓をいま議論する理由

「枝野幸男が選択的夫婦別姓を選挙争点に
すると言いだしたのは、勝てないので
論点を変えるのだ」と邪推するかたがいるので、
わたしは簡単に反論しました

「選挙で勝てないから論点を変える?」

邪推のかたは今度は、「なぜいま選択的夫婦別姓の
議論をするのか?」と言ってきました。
「ようはそれが言いたいのか」という感じです。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:08| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

「国民的議論が必要」の国民はだれか?

「四条烏丸」は「たんぽぽは一生結婚せず
未婚だから、選択的夫婦別姓問題には関係ない」
と言って、わたしを嘲笑したことを、
6月6日エントリでお話しました。

「選択的夫婦別姓・非当事者の問題」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:57| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの気持ちを考えているのか?

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)の
定番となっている主張のひとつに
「夫婦別姓だと子どもに悪影響がある」があります。
これをご覧のみなさんも、耳にたこができるくらい
聞かされていると思います。

このような主張をする反対派(非共存派)は、
現実に存在する夫婦別姓の家庭の子どもたちを
どのように考えるのかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:51| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

同性結婚をすみやかに認めるべき

「あの民俗学の人」は、選択的夫婦別姓には
かたくなに反対ですが、同性結婚は賛成で、
すみやかに認めるべきと言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:45| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

「女大学」の道徳規範が結婚の意義?

「女大学」という江戸時代の因襲的な
ジェンダー道徳を持ち出して、夫婦同姓を維持しろ
という、選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)です。

立憲民主党の公式ツイッターが
選択的夫婦別姓に関するツイートをしていたのですが、
そこにリプライしたものです。
政党の公式アカウントは、注目する人が多いですし、
変なリプライをくっつける人も多いと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:24| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

選択的夫婦別姓・非当事者の問題

「あの民俗学の人」は、自分は一生結婚する
つもりはないのに、選択的夫婦別姓に反対するという、
他人の結婚後の苗字に介入することを
話題にしたことが、わたしはありました。

「結婚しないのに夫婦別姓に反対?」

それをわたしはツイッターで流したら、
あの暗い情熱の持ち主「四条烏丸」が、
「たんぽぽも独身だ」と絡んできたことがあります。
一度ではなく複数回です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:59| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

選挙で勝てないから論点を変える?

立憲民主党が選択的夫婦別姓を選挙争点にする
方針を打ち出したこと、そしてそれに対して
菊池誠氏が「それより最重要争点は経済政策だ」
言ってこき下ろしたことについて、
これまで何度かお話してきました。

この菊池誠氏による立憲民主党叩きに便乗する
ツイートはまだあるのでご紹介します。
枝野幸男が選択的夫婦別姓を争点にするのは
「勝てないと感じたら論点を変える」のだそうです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:07| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイデンティティの問題を知らない?

5月30日エントリ6月1日エントリ
ご紹介の「親が夫婦別姓だと子どもが困る」と
繰り返す反対派(非共存派)は、
「夫婦別姓でないこと困ることはなんだ?」とも
対論者に訊いています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:07| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

伝統批判で推進派の評判が下がる?

「日本の伝統に対して批判的、否定的だから、
選択的夫婦別姓の推進派の評判が下がる」という
奇抜な主張を展開するかたがいます。
もちろんこのかたも反対派(非共存派)です。

わたしはそんなお話を聞いたことないです。
これをご覧のかたもそうだろうと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Promise of reunion・ブロック解除された

先日ツイッターで、わたしのアカウントを
ブロックした「あの民俗学の人」が、
わたしへのブロックを解除していました。

以下の画像で、わたしのアカウントで
ログインしても、「あの民俗学の人」のツイートが
表示されることをご確認ください。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:18| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選択的夫婦別姓・男性の問題とはなにか?

あの暗い情熱を持つ「四条烏丸」は、
菊池誠氏を擁護したくて(?)、選択的夫婦別姓は
「オンナコドモの案件ではない」と言っていました。

「選択的夫婦別姓は女性問題ではない?」

そうなると選択的夫婦別姓は
「男性の問題でもある」ことになります。
「四条烏丸」が考えている「男性の問題」とは、
具体的にどんなことかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

中国、韓国にならわないですよ?

「夫婦別姓は中国や韓国の儒教に由来する、
女を家族に入れないという女性差別」という主張を
展開する選択的夫婦別姓の反対派です。

反対派(非共存派)の主張としては定番です。
なんだまたかという感じです。
(定番でない反対派の主張というのが
あるのかどうか、わからないですが。)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:39| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

モデルマイノリティ・推進派の分断

5月26日エントリで、「選択的夫婦別姓の推進派は
反対派がいないと困る」などと奇妙なことを言った、
暗い情熱の持ち主「四条烏丸」ですが、
今度は「推進派にもいろいろある」と言ってきました。

推進派には「ネットで反対派に絡みたいだけの人」と
「地道に市民活動や裁判闘争をする人」がいる、
というのが、「四条烏丸」の主張です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:03| Comment(0) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化は「創造主」たる人間のために

謎かけもどきのツイートをした
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)のかたは、
「文化を守れ、合理化のもと都合のよい悪いで
文化を変えたくない」とも言っています。

反対派(非共存派)にはよく見られる意見です。
「文化」が「伝統」になることも多いです。

合理性の観点から、都合のよい悪いで
文化や伝統を変えることがあるのは当然です。
なにを当たり前のことを否定しているのかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:47| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな苗字はどうでもよくない

5月31日エントリで、「苗字なんてどうでもいい」と
言いながら、「両親が違う苗字で子供が幸せか?」
などとも言って、苗字なんてどうでもいいと
じつは思っていないという、選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)のお話をしました。

この大いなるシュールな矛盾について、
わたしがツイッターで指摘しました。
そうしたらサイボウズ社長の青野慶久氏から
じきじきに「見事な返し」とご評価をいただきました。
ありがとうございます。こちらこそ恐縮です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:13| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「女性にとって性を売ること」の議論(2)

「「女性にとって性を売ること」の議論」
モーメントを更新しました。

「「女性にとって性を売ること」の議論」

今回はブログ移転以降の補助ブログと、
タンブラーの記事を収録です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:55| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

だれひとり存在しない根拠を示せ?

5月30日エントリでご紹介した、
「親が夫婦別姓だと子どもが困る」と
しきりにくりかえしていた
選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)は、
「だれひとり困らない根拠はない」と言ってきました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:51| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このブログが2000エントリ達成

補助ブログ「たんぽぽの礼拝堂」のエントリの数が、
前のエントリで2000になりました。




続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:04| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする