2018年07月10日

家族という枠組みが崩壊?

7月8日エントリでご紹介の、法制審議会のA案とB案を
まちがえている選択的夫婦別姓の反対派ですが、
例によって選択的夫婦別姓の導入で家族が
崩壊するという、定番の主張を展開しています。

それはこの反対派(非共存派)の場合、
「家族を結びつけていた紐帯はバッサリと断ち切られ」、
「家族という枠組みが崩壊してしまう」と表現されています。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:00| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする