2018年07月31日

「なにをしてもいい」と思っている?

わたしは「被差別マイノリティだから
なにをしてもよい」と思っていないです。
また「なにをしてもよい」という認識にもとづいて、
なんらかの言動をしているのでもないです。

事実に反するので「カンフー(旧: もも281、現: 四条烏丸)」は、
撤回をしていただきたいです。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 06:54| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

都合いいときだけマイノリティ?

「カンフー(旧: もも281、現: 四条烏丸)」は、
ついにこんなことを言うようになりました。

「マイノリティ」とは、具体的には選択的夫婦別姓の
実現を求める人を意識していますが、
「都合のいいときだけ被差別マイノリティ」で、
しかも「被差別マイノリティであれば
なにをしてもいいと思っている」のだそうです。

「カンフー」もいかにも無理解な差別主義者か、
逆張りに興じる反反差別の人らしくなってきたと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:47| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

差別を許さないなんて言ってない

「差別はあってもいいと思う」などと言ってのけた、
現在ツイッターのアカウントが凍結している
選択的夫婦別姓の反対派「riosis11」は、
ほかにもとてもすごいことを言っています。

なんと「自分に対する差別は許さない、なんて言っていない」です。
最後に「はいろんぱ」がついて強調されてもいます。
間違いなく「言っていない」と否定しているのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:34| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その「一体感」は独善的では?

7月15日エントリ7月16日エントリの続き。

「女性は多くがみずから結婚改姓を望んでいる」という
ナイーブな認識をお持ちであり、子どもや孫と苗字が
異なるという現在でもあることに対して
「ぞっとする」という、選択的夫婦別姓の反対派です。

ほかには、結婚改姓にともなう心理的負担や
社会生活上の不利益より「家族の一体感」のほうが
ずっと大事だ、という主旨の主張をしています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:24| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

夫婦同姓でないと愛がない?

補助ブログの7月21日エントリと、
メインブログの7月23日エントリでお話した、
選択的夫婦別姓の反対派のツイートの続き。

「相手の男性に改姓させればいい?」
「文章の論旨が不明瞭な反対派」

文章が略されすぎて不可解になっている
「折角一緒になって一緒にならなければラブラブじゃないじゃん」
について、見てみることにします。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:45| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

未婚に苦笑するのはなぜか?(3)

未婚だとしたらそれは苦笑することだという
「jはんし2018(旧: もも281、現: 五条油小路)」は、
未婚でいることはさげすむべきおかしなことだと
考えているということなのでしょう。

「非公開情報を憶測で断定」
「未婚か既婚かで人間の資質を測る」
「未婚に苦笑するのはなぜか?」
「未婚に苦笑するのはなぜか?(2)」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:00| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

未婚に苦笑するのはなぜか?(2)

7月16日エントリの続き。

わたしを独身と憶測して「苦笑」してきた
「jはんし2018(もも281、カンフー、一条戻り橋)」は、
「たんぽぽのおともだちが、たんぽぽは独身でないと
言っている」などと言ってもいました。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:07| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

文章の論旨が不明瞭な反対派

ありきたりな選択的夫婦別姓の反対派です。
この反対派の場合、主張の内容以前に、
いったいなにが言いたいのだ?と言わざるをえない、
不可解な文章を書いています。

以下のツイートの「折角一緒になって一緒にならなければ」
というのは、どういうことかと思います。
一般的な文章の中で、こんな表現が出てきたら意味不明です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:51| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

執拗に粘着質な人の記録

ブログから投稿お断わりにしたあとも
しつこくコメントしてくる「ヒラリー」のエントリについての
ツイッター・モーメントを更新しました。

「わたしのブログに執拗に粘着を続ける人の記録」

今回は補助ブログのエントリを追加です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:58| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

子や孫と名字の異なる家族

7月15日エントリで、女性はほとんどが
結婚改姓を望んでいるという認識の
選択的夫婦別姓の反対派をご紹介しました。

このかたは子どもや孫と名字が異なる家族は
ぞっとするなどとも言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未婚に苦笑するのはなぜか?

「jはんし2018(旧:もも281、現:一条戻り橋)」は、
わたし、たんぽぽを独身と邪推して、苦笑までしてきました。

「jはんし2018」は前にも、わたしを根拠もなく
独身と邪推して、見下してきたことがあります。
また同じことを考えているのではないかと想像します。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:40| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

女性に結婚改姓の希望がある?

「男性の姓を選択するのは慣習のせいでもあるだろうが、
多くは女性の方の希望が多いと言う事実もある」とか
「ほとんど抵抗なく受け入れられているのが普通だ」
などと言っている、選択的夫婦別姓の反対派です。

「ほとんどの女性には結婚改姓の願望がある」という、
ある種の人(男性)に見られる認識です。
「事実もある」「普通だ」なんて断言していて、
ご自分の認識にかなり自信があるようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

夫婦別姓の希望は実は多数派?

2016年のはじめに行なわれたウートピの
アンケートで、選択的夫婦別姓が認められたら
夫婦別姓(非改姓結婚)を希望するかたが
63%もいたことを、前にお話したことがあります。

「非改姓結婚希望が6割以上」

調査対象は「20-30代の首都圏で働く女性」です。
回答者はおそらく未婚、既婚の両方だと思います。
結婚が目の前の現実の問題である女性にかぎるので、
非改姓結婚の希望が多くなるのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:18| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

夫婦別姓だと子の名字で揉める?

「夫婦別姓だと子どもの名字を、父母のどちらに
決めるかで揉める」という主張は、最近の選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)によく見られると思います。

なにを根拠にこんなことを言うのかと思います。
同様の主張をする反対派(非共存派)は多いので、
彼らにとっては納得しやすいのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:31| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

未婚か既婚かで人間の資質を測る

7月5日エントリの続き。

なぜかわたしを未婚だと断定した
「もも281(jhansi2018、カンフー)」ですが、
たんぽぽは未婚だろうと推測した上で、
結婚は無理だとわたしを見下してきました。

ネットで知り得ない個人情報を憶測だけで言うなと
わたしは抗議を続けたからでしょう、
さすがに断定ではなく推測にはしたようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:54| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

家族という枠組みが崩壊?

7月8日エントリでご紹介の、法制審議会のA案とB案を
まちがえている選択的夫婦別姓の反対派ですが、
例によって選択的夫婦別姓の導入で家族が
崩壊するという、定番の主張を展開しています。

それはこの反対派(非共存派)の場合、
「家族を結びつけていた紐帯はバッサリと断ち切られ」、
「家族という枠組みが崩壊してしまう」と表現されています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:00| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

法制審議会の3案と別姓反対派

選択的夫婦別姓を認めると家族が崩壊するとか、
日本解体につながるという、典型的な反対派です。

ちょっとヒステリー気味な感じがします。
以前分類した、レベル4かそれ以上の反対派です。

「夫婦別姓と同性婚・反対派のレベル」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:18| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

教育の機会のジェンダー差

7月1日エントリと7月4日エントリの続き。

「東大学生のジェンダー研究の意義」
「東大以外の学生のジェンダー比」

東京大学に女子学生が少ないことを国際学会で
発表したことに対して「なぜ東京大学を
取り上げるのか」と突っかかってきたかたは、
すべての大学の学生のジェンダー比を国際比較した図を
わたしがお見せしたら、それは納得したようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

非公開情報を憶測で断定

「もも281(jhansi2018、カンフー)」は、
なぜかわたしを未婚だと断定したことがあります。

わたしは自分が結婚しているのかいないのか、
マリッジステートについての情報を、
ネットではなにも言っていないのですが、
なぜそのように断定するのかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

東大以外の学生のジェンダー比

7月1日エントリで、東京大学の学生のジェンダー比が
アンバランスなことを国際学会で発表したツイートと、
そこに「なぜ東京大学を取り上げるのか」と
突っかかってくるツイートをご紹介しました。

「東大学生のジェンダー研究の意義」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:39| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする