2016年07月09日

子育て支援に対する本性?

自民党の稲田朋美政調会長が、子育て支援を始めとする
公的支援について、すさまじい見解を披露していました。
7月4日の札幌での講演で出た発言です。

「「日本死ね、言っている場合じゃない」 自民・稲田氏」
(はてなブックマーク)
「子育て支援政策、自助か共助か 稲田氏・山尾氏が論戦」
(はてなブックマーク)

問題の発言を全文引用しておきます。


続きを読む


posted by たんぽぽ at 19:48| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

性暴力被害者支援法案・提出

かなり前で恐縮ですが5月12日に、民進、共産、おおさか維新、
生活、社民の5党で「性暴力被害者支援法案」を衆院に提出していました。
「立憲4党」プラスおおさか維新の5党です。

「性暴力被害者支援法案を野党5党が衆院に提出」
「性暴力被害者の支援に関する法律案を国会提出へ 次の内閣」
「性暴力被害者支援を 5党が法案を提出」

6月1日に国会は閉会しているので、審議は秋の臨時国会に持ち越しで、
これからどうなるかというところだと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

日本会議・ミソジニーの本質(2)

7月4日エントリの続き。
日本会議の活動の中心は「オンナコドモは黙っていろ」についてです。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

『日本会議の研究』の著者が記者相手に、日本会議の本質についてお話すると、
いちばん理解しないのが、日本の中高年男性の記者です。
その中でも左派のかたほどなかなかしないのでした。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:58| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

女性議員増法案提出できず

6月9日なので少し前ですが、女性議員を増やすための法案を、
通常国会で提出できなかったというニュースがあります。

「女性議員増へ足並み乱れ 超党派、法案提出できず 
女性団体「政争の具、もうやめて」」

「女性議員増へ足並み乱れ 超党派、法案提出できず 
女性団体「政争の具、もうやめて」」
(全文)

なぜ提出できなかったかは、例によって(?)自民党が原因です。
法案を準備したのは超党派の議員連盟で、
この議連からの法案提出ができなかったのでした。
(後述のように、野党が単独で法案を提出してはいます。)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

参院選・候補者アンケート

朝日新聞と東京大学谷口研究室の共同調査による、
7月10日の参院選の候補者アンケートです。(今回もありました。)

「候補者アンケート (朝日・東大谷口研究室共同調査)」
(はてなブックマーク)

参院選の各政党、および各候補者ごとに、
いくつかのおもだった政策に対するスタンスがわかります。
候補者はひとりずつわかるので、かなり圧巻の選挙情報となっています。
投票の際の参考にするとよいでしょう。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:42| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

日本会議・ミソジニーの本質

メインブログの7月4日エントリで、日本会議の活動の中心は
「オンナコドモは黙っていろ」であることをお話ししました。

「菅野完さんの、日本会議がやってきたことは『女子供は黙ってろ』運動だ」
(はてなブックマーク)

さらに大事なこととして、メディアや一般社会も
「オンナコドモのことはくだらない」と思って、
日本会議を放置してきたという問題があります。
これが日本会議が強大化した原因のひとつだからです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:38| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

投稿お断わりのお知らせ

以下のエントリにいくつもコメントしている
「ジャジー」氏を、投稿お断わりとしたいと思います。
(このブログとメインブログの両方)

「仲間意識があるのはだれか?」
「一粒で3度悲しいコメント」

コメントも全部削除します。
こちらに保存しているので、ご覧になりたいかたはどうぞです。

http://lacrima09.web.fc2.com/figs2/comments20160703-1.html
http://lacrima09.web.fc2.com/figs2/comments20160703-2.html
http://lacrima09.web.fc2.com/figs2/comments20160703-3.html


続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:11| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

一粒で3度悲しいコメント

「ジャジー」は6月29日エントリを見たのですが、
「たんぽぽは挑発したけれど、『話になんねーよ』は『正当な怒り』」
などと言って、ダブルスタンダードをかなり露骨にしてきました。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51930939.html#comments
私の言葉の借用とはいえ、他人の怒りを「挑発」と表現できる
彼女の神経には、正直に言って呆れ果てた。
「話になんねーよ」の何が挑発なんだ?

(12. ジャジー 2016年06月30日 01:35)

「ジャジーこそ、たんぽぽのコメントを『挑発』と表現した
自分の神経を、棚に上げるのか」と、それ以前に言いたくなりますが。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:03| Comment(1) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲間意識があるのはだれか?

6月29日エントリの続き。

「ジャジー」は「仲間は自分に賛成するとか自分を批判しないと、
たんぽぽは思っている」などと言っているのですよ。
それもごていねいに2回繰り返しです。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51930939.html#comments
「吐き捨て」などという言葉は、
「わたしの仲間は、わたしの意見に賛成して当たり前」
「わたしの仲間は、わたしを批判したり離れたりしないのが当たり前」という、
傲慢な考え方から生じたのだろうと私は推測する。

(4. ジャジー 2016年06月26日 15:04)
おそらく、たんぽぽさんは
「わたしの仲間は、わたしの意見に賛成して当たり前」
「わたしの仲間は、わたしを批判したり離れたりしないのが当たり前」
という傲慢な考えを持っていた(そして今も)。

(6. ジャジー 2016年06月26日 15:31)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:33| Comment(4) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

安部政権・日本会議の心配

メインブログの6月18日エントリ6月19日エントリで、
安倍政権の手法は「種まき期」と「収穫期」の
「ふたつの顔」を使い分ける、というお話をしました。

「(2016参院選 安倍政治を問う:上)政権「二つの顔」 
首相「アベノミクス最大限ふかす」」
(1/2)(全文)
「(2016参院選 安倍政治を問う:上)政権「二つの顔」 
首相「アベノミクス最大限ふかす」」
(2/2)(全文)

「種まき期」で経済重視の政策を取って国民の支持を堅め、
高まった支持率を背景に、「収穫期」に入って
本来やりたいイデオロギー的政策に移るというものです。
イデオロギー的政策を進めて支持率が下がったら、
また「種まき期」に入って、支持を堅め始めるわけです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:16| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする