2016年06月30日

日弁連・民法改正の院内集会(2)

5月19日に行なわれた日本弁護士連合会(日弁連)主催の
民法改正を求める院内集会は、mネットなどが主催する
いつもの院内集会ではあまりでてこない内容もあったのでした。

「夫婦同氏の強制及び再婚禁止期間に関する民法改正を求める院内集会」

「枝野幹事長「当たり前のことが当たり前のように通るように頑張る」
夫婦同氏の強制及び再婚禁止期間に関する民法改正を求める院内集会」

「憲法改正の論点は9条だけじゃない 結婚や男女平等のあり方にも影響?」


続きを読む


posted by たんぽぽ at 22:31| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

「あんた、話になんねーよ」

6月18日エントリで、わたしは「話になんねーよ」なんて
言われたっけ?という趣旨のことを書いたのでした。
「「あんた話にならないよ」とかコメントし」たというのは、
具体的になにを指しているのかと思います。
わたしには思い当たるものが見当つかないです。

該当するものがあることがわかりました。

「美味しんぼの鼻血表現」
たんぽぽさん
あんた、話になんねーよ。

(2014年05月27日 22:54)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

朝日・日本会議研究・家族編

朝日新聞が6月17日から6月19日にかけて、日本最大級の右翼団体、
日本会議の家族政策に関する特集記事を載せています。

「日本会議研究 家族編 上 「親学」にじむ憲法観」
「「親の責任」授業で問う 「男女共同参画への対案」」
「日本会議とは」
「主体変容は「責任転嫁しない考え方」 高橋氏」

「日本会議研究 家族編 中 子の権利拡大認めず」

「日本会議研究 下 家族編 別姓反対 「広げた」運動(1/2)」
「日本会議研究 下 家族編 別姓反対 「広げた」運動(2/2)」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:36| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

憲法改正・立憲主義への挑戦

朝日新聞がハンガリーの新憲法の記事を載せた理由は、
言わずもがなでしょう、日本も「他人ごと」ではないということです。
「きょうのハンガリー」は「あしたの日本」になる可能性があるということです。

「「3分の2」進む権力集中 2010年ハンガリー 中道右派が大勝 
新たな憲法 個人より共同体」
(全文)
「憲法裁判所の人事も介入」
「「バランス欠く」メディアに罰金」
「個人が義務果たす社会に」
「視点 傍観者ではいられない」

ハンガリーで起きている立憲主義に対する民主主義からの挑戦。
「非立憲」的政治は、日本でも進んでいる。傍観者でいられるだろうか。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:51| Comment(0) | 法律一般・訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ひなびているから粘着される?(2)

前にわたしのブログは適度にひなびているから
粘着さんが来るのではないかと書いたことがあります。

「ひなびているから粘着される?」

適度にひなびているがゆえに、コメント投稿に承認制のような
制限もないので投稿しやすいし、管理者が全部のコメントに
返事するから相手される気分になれるということです。

適度ひなびていることとも関係するのですが、
わたしのブログが粘着されやすい他の理由として
「反対意見を書いても集中砲火を受けない」
こともあるのではないかと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:56| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンガリー・新憲法反対デモ

2012年になされたハンガリーの新憲法施行に反対する
デモについての報道があるので見てみたいと思います。
2012年1月4日のCNNです。

「ハンガリーで新憲法反対の大規模デモ、首相退陣を要求」
(はてなブックマーク)

CNNの記事は短いので全文引用します。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 09:20| Comment(0) | 法律一般・訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

荒らしに加担する可能性

「ヒラリー」がわたしのブログについて、またなにやら言っています。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51930548.html#comments
たんぽぽさんのブログは少し前どなたかが投稿禁止になって、
女性の理系を増やすとか家事の分配、独身男の不幸といった
エントリに対する書き込みに対してのようですが、私から述べさせて頂くと、

(1. ヒラリー 2016年06月22日 08:47)

これはメインブログの6月17日エントリで、
投稿お断わりのアナウンスをした人のことのようです。

「投稿お断わりのお知らせ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 13:01| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

日本会議・家族保護条項

メインブログの6月24日エントリでお話した、日弁連が主催した
民法改正の院内集会に参加したかたのインタビュー記事の続き。

「憲法改正の論点は9条だけじゃない 結婚や男女平等のあり方にも影響?」
(はてなブックマーク)

日本会議のブックレットでは「家族保護条項」を入れることを
主張していて、これが自民党の改憲草案にある
「家族は、互いに助け合わなければならない」と一致する
という指摘があります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:30| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

日弁連・民法改正の院内集会

5月19日に日本弁護士連合会(日弁連)が主催する
民法改正を求める院内集会があったのでした。
4月13日に行なわれたmネットが主催の院内集会とはべつものです。

「夫婦同氏の強制及び再婚禁止期間に関する民法改正を求める院内集会」

「枝野幹事長「当たり前のことが当たり前のように通るように頑張る」
夫婦同氏の強制及び再婚禁止期間に関する民法改正を求める院内集会」



続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:02| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

AV出演強要・国が被害調査

アダルトビデオへの出演の強要に関する被害について
国が実体調査をすることになりそうです。
6月2日に被害実態の把握をつとめる答弁書を閣議決定しました。
(閣議決定だけで、調査を開始したのではないですが。)

「AV出演強要問題、国が被害実態調査へ…答弁書を閣議決定」
(はてなブックマーク)

弁護士ドットコムの記事はあまり長くないので、全文引用します。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:03| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

粘着なんてささいなこと?

「ヒラリー」がこのブログの6月6日エントリを見たようです。
そしてまたこんなみょうなことを言っています。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51929609.html#comments
たんぽぽさんが「仲間意識」について運営日誌だけでなく礼拝堂にも書いてます。
私よりも気の毒なのはジャジーさんです。
原発事故で鼻血のことだけで投稿禁止になりました。
あの時、私はあまり積極的に参加しなかった気がするなあ。

ワタナベさんという人もこの件については、
たんぽぽさんに「あんた話にならないよ」とかコメントして
私としては、そんなにも鼻血騒動の認識が
それまで気が合ってた人同士を割ってしまう問題なのかと。
その件だけで投稿禁止になったり二度と来なくなったり。

(1. ヒラリー 2016年06月09日 08:49)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:04| Comment(6) | TrackBack(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

性嗜好障害(性依存症)のメモ

メインブログの5月19日エントリのコメント欄における
議論で出てきた「性嗜好障害(セックス依存症)」について、
簡単に触れておくことにします。

「セックス依存症を知ろう!症状や原因・治療法は?
なりやすい人の4つの特徴と依存症の男性の見抜き方」


「性嗜好障害(性依存症)とは?」

「性依存症を克服するための12ステップをチェック」

「セックス依存症は心の病!X-ファイルの俳優も治療したその病気とは?」
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:38| Comment(6) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

子どもの貧困を救う八つの提案

メインブログの6月5日エントリで、子どもの貧困を
社会に周知させる方法としての「ショック療法」と
その限界についてお話したのでした。

ここでは記事のメインの話題である、子どもの貧困を解消する
8つの政策について、なにを挙げているかを見ていきたいと思います。

「駒崎弘樹 子どもの貧困を救う八つの提案
阿部彩教授×駒崎弘樹(下)子どものための投資は誰が負担する?」



続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:45| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

警察・司法の姿勢と犯罪統計

メインブログの6月12日エントリで、ロードアイランドで
性犯罪が減った理由は売買春の非犯罪化というのは怪しい、
ということを検討した記事をご紹介しました。

「米ロードアイランド州における売春非犯罪化の効果に関して」

そこで犯罪の件数に急激な変化があるときは、
警察や司法の姿勢が変化した可能性を最初に考えるのが
もっとも妥当だということに触れています。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

秋元康の新曲の歌詞の記事

6月8日の朝日新聞で、秋元康氏の作詞したHKT48の新曲
「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の
歌詞について
記事になっています。

曲が出てから2か月近く経っていて、かなり遅れていますが、
それでも大手メディアで記事になったことは、よかったと思います。

「HKT48の新曲が物議 女の子「頭からっぽでいい」?」
(はてなブックマーク)

「♪女の子は頭からっぽでいい...んですか?」(1/2)(全文)
「♪女の子は頭からっぽでいい...んですか?」(2/2)(全文)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

女は数学が苦手という偏見

メインブログの6月8日エントリで、女子生徒が理系に進まない、
もしくは文系に進むのはなぜなのか、という記事を見たのでした。

「女性が将来職業生活を続ける見込みよりも
結婚生活への期待が大きい」と、女子が理系に進むことに対して
教育投資することが不利になるというものでした。

「秋元康さん作詞のHKT48の楽曲が女性蔑視だと炎上中だが、
リケジョを増やすために考えるべきこと。」

(はてなブックマーク)

この記事の中でも例によって「女性は数学が苦手」と
さんざん言われた、もしくは言われるというお話が出てきます。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:39| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

反対意見だと仲間意識を切る?

「ヒラリー」が以下のコメントで、またみょうなことを言っています。
わたしのブログの運営方針に関することなので、
簡単にわたしの意見を述べておきたいと思います。

http://tamagodon.livedoor.biz/archives/51926805.html#comments
あやめさんの見解について、たまごどんもジャジーさんも私も同じ、
だそうですが文体から何から違いますけどね。
たんぽぽさんのところの常連さんもそれぞれ違うんですが、
たんぽぽさんが割れることがないように微調整してます。
完全な反対意見だとそれまでの仲間意識を切ります。
私の場合は最初から反する意見者だったので
むしろ気がラクだったでしょうけど。

(7. ヒラリー 2016年05月07日 21:24)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:45| Comment(7) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

民法改正を求める院内集会

だいぶ前のことで恐縮ですが、4月13日にmネットが主催の
民法改正の院内集会があったのでした。
これを少し見ておくことにします。


「「選択的夫婦別姓の実現まで一緒に戦っていく」山尾政調会長 」

「【国会】選択的夫婦別姓導入へ民法改正を/超党派院内集会へ参加」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:06| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

性暴力の被害者の特徴


性暴力の被害者の特徴について簡単に示しておきます。
どんな人が性暴力の被害者になりやすいかということです。

簡単に言うと
1. 被害者が性的な服装で挑発したのではない
(挑発的な服装が原因であることは比較的少数)
2. 若い女性とか外見的魅力がある人だけが、被害者となりうるのではない
(あらゆる年齢層、そして男性も被害者になる可能性がある)
3. 被害者に選ばれやすいのは、おとなしく抵抗しなさそうな人
という特徴があります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:15| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする