2016年01月31日

イタリアの同性結婚雑感

イタリアで同性カップルに対してパートナーシップを
認める法案を審議することになったのでした。
そして反対派が猛烈な抵抗をするという展開になっています。

「イタリア 同性カップルの権利法案提出前、国論二分」
イタリアで、同性カップルに結婚に準じた権利を認める「シビル・ユニオン」の
合法化法案が議会審議入りを控え、国論を二分している。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 22:12| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

非改姓結婚希望が6割以上

ウートピのアンケートで、選択的夫婦別姓が認められたら
結婚しても名字を変えない女性が6割以上となったのでした。

「「夫婦別姓」が可能になったら「苗字を変えない」女性が6割以上!」
「首都圏で働く30代女性向けサイト『ウートピ』にて
読者900人がアンケートに回答 夫婦別姓に7割が賛成
「家族の絆に同姓かどうかは関係ない」」


「夫婦別姓についてどう思う?」
「夫婦別姓が可能になったら、あなたは?」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:22| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

嘘をつくと良心が痛む?

「頓服パラ子」が「嘘をつくと良心が痛む」とか、
「嘘をついて人を傷つけると引きずる」とか言っているのですよ。

「人を騙してだれかを傷つけると良心が痛んであとまで引きずる?」

「嘘をつくと良心が痛む」と言っているかたがいるのですが、
「頓服パラ子」がそれに同意しているのでした。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:55| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

研究室は男の花園がいい?

高等専門学校の男性講師が「研究室は男の花園にしておきたい」
などとツイッターで言ったことが、少し前に話題になりました。
香川高等専門学校の30代の講師です。

「男性講師ツイート「研究室は男の花園がいい」 香川高専、処分検討 /香川」
(はてなブックマーク)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:10| Comment(10) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

おまとめボタン・タグ内のURL

わたしはメインサイト「たんぽぽのなみだ」にも、
ソーシャルボタンのセット「忍者おまとめボタン」を入れています
(少しずつ入れている過程と言ったほうがいいが。)

「おまとめボタン」をブログでない一般のサイトで使うには、
HTMLのソースのタグにページのURLを入れる必要があります。
このURLは相対パスでもよいことに、いまさら気がついたのでした。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:02| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

出産適齢期は18歳から26歳?

「少子化だから将来の社会のために子どもを産め」という
趣旨のことを言う政治家がまた出てきました。
「出産適齢期は18歳から26歳」とも言っていて、
早く産まなければならないと言わんばかりでもあります。

松崎秀樹浦安市長、市の成人式のあいさつのときです。
「なんだまたか」という感じです。

「成人の日 東京ディズニーランドで成人式」
(はてなブックマーク)
「浦安市長の出産適齢期発言」
「成人式で「早く子ども産め」発言に非難 
女性の本音「適齢期に産めと言うなら生活費をくれ」」

「【成人式】浦安市長が成人式で「出産適齢期は18歳から26歳」発言 
ネットの未婚女性から怒りの声多数」



続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:04| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

孤立する批判者はみじめ?

同調圧力に屈せず批判をして孤立することを、
「黒猫亭」は「みじめ」とか「ああはなりたくない」と言っています。

「わたしは世間から忘れられてみじめらしい」

これはおそらくつぎのまとめを見たからだと思います。
時間的にも合っているし、ほかに該当者もなさそうです。
わたしのことを、疎外されてみじめと言っていると思われます。

「「アベノミクスで自殺者が減ったことを批判する人は、
死体の山を築いても自分のメンツが大事な人でなしだ」」


以下はわたしのことであってもなくても、
どちらでもいい一般論としてお話することにします。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:12| Comment(2) | 政治活動・市民運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エントリの投稿時刻を表示

このブログのエントリの投稿時刻を表示するようにしました。
テンプレートを少し書き直したらできました。

いままでは年月日と曜日だけで、時刻は表示されなかったのでした。
それがずっと不満で、前から表示させようと思っていたのですが、
どこを直したらいいかわからなくて、いつも挫折していました。
このたびようやく表示のしかたがわかったしだいです。

posted by たんぽぽ at 08:37| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

日本的労働・福祉観の反映?

メインブログの1月21日エントリで、「アベノミクス」で実質賃金が
下がっているのは、物価の上昇よりも賃金のジェンダー格差のせいだと、
首相がみずから語ったことをお話したのでした。

「安倍首相、妻がパートで働き始めたら「月収25万円」 例え話が波紋」
「安倍首相が反論「妻がパートで25万円とは言っていない」」

この答弁の中で見過ごせない言い回しがあります。
単なる「言葉尻」かもしれないですが、安倍首相の労働や福祉に対する
認識が反映されている可能性もあります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:33| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

他人の死を軽んじるのはだれか

「安倍政権の経済政策の効果で自殺者の数が減った」と、
何ツイートも使ってご高説を唱える「黒猫亭」。

「安倍政権の経済政策と自殺数」
「民主党の自殺対策を知らない?」
「他人の死を利用するのはだれか」

「黒猫亭」はアベノミクスの批判者に対して、異様なまでに
ののしり散らしていることは、メインブログの1月15日でも触れました。
とりわけ問題だとわたしが思うのは次のツイートです。
「生きるに値しない」「死ねば後腐れがない」とまで言っているからです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:10| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

他人の死を利用するのはだれか

「黒猫亭」は「安倍政権の経済政策の効果で自殺が減った」と
何ツイートも使って「ご高説」を唱えていたのでした。

「安倍政権の経済政策と自殺数」
「民主党の自殺対策を知らない?」

「田中秀臣」という経済学者が同様の主張をしています。
わたしがツイッターでそれを懐疑したら、
「田中秀臣」はわたしをブロックしたのでした。

「金融緩和は自殺を減らした?」
「リフレ派からブロックされた」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:28| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

左からの反HPVワクチン

メインブログの1月3日エントリ1月17日エントリで、
子宮頸がんワクチンの薬害と言われる症状には、
ほとんどに科学的根拠がなく心因性によるものである、
という記事を見てきたのでした。

「あの激しいけいれんは本当に子宮頸がんワクチンの副反応なのか」
「子宮頸がんワクチン薬害説にサイエンスはあるか」
「子宮頸がんワクチンのせいだと苦しむ少女たちをどう救うのか」
「「エビデンス弱い」と厚労省を一蹴した WHOの子宮頸がんワクチン安全声明」

これらの記事に付いているブックマークを見ると、
やはりというか「反ワクチン派」と思われる人による、
こころよく思わないブックマークコメントが散見されます。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:22| Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

参院選・野党の過酷な現状

今年の参院選は、野党・反自民勢力、反改憲勢力にとって
いかに過酷か、という現状を示した図です。
「与党」「野党」となっていますが、「おおさか維新」や
「日本のこころ」も含まれるので、「与党」は「改憲勢力」のことです。
「野党」は「反改憲勢力」ということです。


「改憲勢力」だけで3分の2の特別多数の議席に達するのは、
わりあい容易であることが見て取れます。
改選分だけで半分とちょっとの議席が取れればいいのですし、
現在の自民・安倍政権の支持を考えれば、それは難しくないことです。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:57| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

民主党の自殺対策を知らない?

メインブログの11月15日エントリの続き。
安倍政権の経済政策の効果で自殺が減ったという
「黒猫亭」の主張を見ていきたいと思います。

「安倍政権の経済政策と自殺数」


「「アベノミクスで自殺者が減ったことを批判する人は、
死体の山を築いても自分のメンツが大事な人でなしだ」」



続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:40| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

反対派のダブルスタンダード

選択的夫婦別姓の反対派(非共存派)のダブルスタンダードです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:21| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

ギリシャの同性結婚雑感

2015年12月22日にギリシャで同性カップルに対して
パートナーシップが認められることになったのでした。

「ギリシャでパートナーシップ法案が可決」

パートナーシップ自体は2008年からあったのですが、
同性カップルには認められていなかったのでした。
7年経ってついに同性カップルに対象が広がったことになります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:16| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

政治のジェンダー格差

2015年の日本のジェンダーギャップ指数についての続き。

「男女平等指数2015年」
「収入のジェンダー格差」
「男女平等指数2015年」

ここでは朝日の記事にある「政治」分野について、見てみたいと思います。

「日本の男女格差、少し改善して101位…G7では最下位」
(はてなブックマーク)
「男女格差 日本ちょっと改善101位 G7で最下位 賃金の差は拡大」(全文)(1/2)
「男女格差 日本ちょっと改善101位 G7で最下位 賃金の差は拡大」(全文)(2/2)
続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:25| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

同姓強制ならランダム改姓

選択的夫婦別姓の是非が議論になったとき、
ときどき賛成派(共存派)から仮想的に提示される「対案」です。

「自民党政府が維持したい夫婦同姓強制制度と、
憲法が保障する両性の平等を両立させる法案を考えましたので提案します。」

現在婚姻男女カップルの95パーセント以上において、
相手に合わせて改姓しているのは女性ですので、
憲法の保障する男女平等の原則にかんがみて問題があります。

これを公平に男女50%ずつの比率にすることを目的に、
婚姻するカップルの姓は公平なくじ引きで決め、
男性の姓に統一するカップルがランダムに半分、
女性の姓に統一するカップルがランダムに半分になるように法を改正する案です

続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:41| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

女性議員倍増キャンペーン

女性国会議員を倍増させようという、女性団体や有識者による
キャンペーン「JG83」が、昨年の暮れに始動しています。

「「女性議員倍増」キャンペーン 「JG83」あす始動」
「「女性議員の倍増を」 参院選候補者をHPでリスト化」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 13:01| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

参院選1人区・自民の優位

メインブログの1月9日エントリで、「市民連合」が参院選の1人区で
野党統一候補を支援する準備を進めていることをお話しました。

「参院選・「市民連合」設立」

参院選は1人区の動向が全体の結果に大きく影響します。
そこでこれまでの1人区の勝敗について見てみたいと思います。

「参議院一人区」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:28| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする