2014年01月05日

非もての精神・思考構造(2)

1月4日エントリの続き。「非もて」の精神・思考構造のお話です。

「非もての精神・思考構造」

むかしは「非もて」をやっているのは中高生とか若いうちだけで、
おとなになると自然と治まると言われていたのですよね。
まだ「非もて」なんてことばが使われていなかったころです。
「治まる」というのは、「恋愛相手が見つかる」という意味ではないです。
「もてないのを他人や社会のせいにしなくなる」ということです。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 19:09| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

非もての精神・思考構造

よく話題になる「非もて」について書いておくことにします。

「非もて」とは簡単に言えば、自分がもてないことを
他人や社会のせいにしている人(通常男性)のことです。
単に恋愛対象が見つからないだけというのは、非もてとは言わないと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

ウィジェットをふたつ設置

メインブログとおなじように、こちらのブログにも
ツイッターとはてなブックマークのウィジェットを設置しました。
こないだのソーシャルボタンと合わせて、ちょっと賑やかになってきましたね。

「埋め込みタイムライン」
「はてなブックマーク〜ブログの人気記事を貼り付ける」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:29| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達の増やしかた教えます

ともだちを簡単に増やせる方法があるというのでご紹介します。
ずばり「自殺をすること」です。
事故死や病死でもよいのでしょうが、おそらく自殺のほうが効果的でしょう。

http://worldinmotion24.tumblr.com/post/71633762645
続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:10| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

ウガンダの反同性愛法

同性結婚が認められるのがグローバルスタンダードというのは、
じつは欧米やオセアニアなどの民主主義国のお話なのですよね。
アフリカの開発途上国などでは同性愛に対して
厳罰を課す国がとても多いのが現状です。

アフリカのウガンダでは、昨年の12月に「反同性愛法」が議会を通過したのでした。
違反者に対する最高刑は終身刑となっています。
(現行法でも長期の禁固刑が課せられます。)
法案が可決するには、このあと大統領の署名が必要なのですが、
おそらくはほぼ「既定路線」なのだろうと思います。

「ウガンダで「反同性愛法案」通過、違反者に終身刑も」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:35| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

家事に対する要求の非対称

「夫に家事をやらせる方法」なんて女性向きの指南が書かれることがあります。
それを見ると「夫が家事をやったら、あら探しをしたりだめなところを
批判するのではなく、できるだけ褒めるようにする」のようなことが、
書いてあることが多いのではないかと思います。

実際、男性のかたから「ほめてもらうとうれしくて
もっとやりたいと思うようになるから、夫に家事をやらせるためには
妻たちはほめるのがよい戦略だ」と言う主旨のコメントがあるのですね。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:58| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなからのお客さん

昨年2013年は、この補助ブログのアクセスが結構増えたのですよね。
こちらはメインブログ以上に閑散としていて、ほとんど訪れるかたがいないのですが、
それでも以前と比べるとずっとアクセスが増えたのでした。
まがりなりにも内容が増えてきたということかもしれないです。

9月の下旬に更新を頻繁にやるようになったのと、
11月のはじめにこちらからリンクされたのと、
12月のはじめにはてなブックマークがたくさん付いたのが大きかったです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:53| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする