2013年07月31日

共産党支持者が避ける場所

東浩紀氏という有名なポストモダンの哲学者が、
「共産党は日本の癌だ」なんてツイッターでつぶやいたのですよ。

https://twitter.com/hazuma/status/358984438501224448
========
共産党は日本の癌だ。共産党の主張が悪いというのではない。
絶対に為政者にはならないという安心感のもとに、
為政者への不満だけを吸い上げる党という存在がある、
その事実が日本の政治をひどく損ねている。
共産党の批判は決してぶれないから、そこに不満が流れ込む。
でもそれはなにも変えないのだ。
========


続きを読む


posted by たんぽぽ at 20:36| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

小選挙区で右傾化したか?

自民党が右傾化したのを小選挙区のせいだと言うかたがいます。
こういう意見はときどき見ることがあるのではないかと思います。

https://twitter.com/y_yt/status/355687113871720448
https://twitter.com/y_yt/status/355687164878667776
https://twitter.com/y_yt/status/355687252317306880


続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:18| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

相馬市長の訴えについて

メインブログの7月17日エントリで、最後に上昌広氏の記事をリンクしました。

「相馬市長の訴え 「根拠のない、過激な発言が、
福島の人々をどれほど深く傷つけているか知ってほしい」」



続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:11| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

菅直人が安倍を訴えた

メインブログの7月19日エントリで、菅直人氏が安倍晋三首相を
提訴したことをお話しました。
わたしはこの訴訟はやるべきだと思います。
それでもこの訴訟にどれだけの効果があるのか、という問題があります。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

選択別姓の実現と自民党

レストランで近くに居合わせたお客さんが、夫婦別姓のお話をしていたそうです。
結婚しても苗字を変えたくないという率直な気持ちが現れていますね。

https://twitter.com/cayla_non/status/345780962484965377
========
和食レストランのランチ食べてきた。近くの3世代家族が
「●●(2世代目の下の子らしい)が結婚して名字変えることになったら、
○○姓なくなっちゃうわー」「夫婦別姓とか」「法律上はだめなんでしょ?」
「まあもうすぐ変わるよねー、ああでも自民党はそういうのダメだね」…
ふつーに待たれてますよ。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:24| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

女性を攻撃する弱者男性

ジェンダーの因習的な規範は、多くの場合女性が被害を受けますが、
男性も被害者となることもすくなからずあります。
たとえば、「男らしさの押し付けによって、男性も苦しんでいる」
という具合に言われるケースですね。

このような現在のジェンダーの因習的規範を作ったのは
「男社会」であり、基本的に男性が自分で作ったものとなっています。
かつては男性の既得権だったものが、時代が変化して、
一部の男性にとって負担になっているということです。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:34| Comment(60) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

彼女がいるのが自分の長所?

男子校の生徒の多くが、なぜかカノジョがいることを
「自分のいいところ」と考えているというお話です。
かかる作文の課題を出した女性の教師は、それは「自分のいいところ」
ではないのになぜ?と、不思議がったのでした。

https://twitter.com/han_org/status/353561753222774786
========
そういえば、今年から男子校で講師を務めはじめた女性と話をすることがあった。
彼女がいうには、「全く知らない人に自分のいいところをアピールする作文」を
求めたところ、多くの生徒が自分に彼女がいることを書いてきたそうだ。
そんなの「自分のいいところ」じゃないのになぜ?と不思議がっていた。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:44| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

維新の正体に気づかない人

反自民だけど民主党に失望したので維新の会に入れたのですが、
維新の会は憲法改正を主張していて、日本がふたたび戦争ができるように
しようとしていると知って、大変なことになったというお話があります。

https://twitter.com/ANAFUZZ/status/353505534961393665
========
正月に親元に行った時に前回選挙の話になった。
民主に失望したが自民には入れたくないので維新にしたと言う。
両親は維新が憲法改正を主張してるのを知らなかった。
維新じゃ戦争になっちゃうよ?という話になったら、70過ぎの父が泣き出した。
空襲で逃げ回った話を子供の頃によく聞かされた。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:18| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

一部を犠牲にする同姓強制

6月20日の岩手日報で、夫婦別姓の記事が載ったのでご紹介します。

「夫婦別姓、県内では- あえて「ペーパー離婚」も」

記事の真ん中は、夫婦別姓を実践なさっているかたのお話です。
旧姓使用の限界に突き当たって事実婚に移行したとか、
苗字を変えることへの率直な疑問があったとか、
子どもへの影響がないことや、将来の相続が心配なことなど、
よくあるお話となっています。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:39| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

ネトウヨを信じてなかった

タクシーに乗ったら、なんと運転手さんがネトウヨだった、
という体験談があるので、ご紹介したいと思います。
運転手さんの反在日トークをたっぷり聞かされることになったのですが、
このかたはさぞかしへきえきしたことでしょう。
ご愁傷さまと思います。

「タクシー乗ったら運ちゃんがネット右翼だった」
続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:47| Comment(4) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

枕詞の有無は関係ない

昨年の9月ですが、原子力規制委員会が共産党の機関紙「赤旗」の
取材を締め出すということがあったのですよ。
これはとてもケシカランというので、つぎのように
その批判をするエントリを書いたかたもいらっしゃります。

「共産党の「赤旗」を閉め出して、本性をあらわにする原子力規制委員会」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:24| Comment(2) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

だれが無理矢理詰め込む?

選択別姓に反対する非共存派のツイートをご紹介します。
よくありがちな無理解と言えるでしょう。

https://twitter.com/ararano/status/348068582577557504
========
夫婦別姓ぐらいでしか、自分の個性を表せない事が問題。
四角い箱に無理やり三角のものを詰め込もうとして、
入らないと怒る馬鹿馬鹿しさ(笑) #左巻きは日本のお荷物
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:00| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

男目線のヒューマノイド

初音ミクなどのヒューマノイドはなぜに美少女のキャラが多いのかと
お思いのかたも、いらっしゃるだろうと思います。

ご存知のように、初音ミクのいでたちはこれ見よがしなミニスカートに、
足まで届きそうという機能的に不便で実際には
ありえないようなロングヘアだったりします。
このいでたちに違和感を持つかたもいらっしゃることと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:34| Comment(4) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

たいしたことない一体感

夫婦別姓に反対する男性は「夫婦の一体感が大事だから」と言って、
夫婦同姓になることを主張することがあります。
ところがそういう男性は自分が改姓するのを、たいてい嫌がるのですよね。

https://twitter.com/MORI_Natsuko/status/350595386039209986
========
昔「夫婦別姓は夫婦の一体感を損なう」と主張する男友達に
「じゃあ、あなたは婚約者に『私は姓を変えたくないからあなたが変えて』
と言われたら、おとなしく従うの?」と訊いたら、
なにも答えられなくなってた。
こっちはこっちで、夫婦別姓反対派の彼に姓を変える覚悟が
なかったことに驚いた。
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:40| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする