2013年06月29日

夫婦別姓「論者」なのか?

6月23日の都議選に出馬した野上ゆきえ氏は、
「柿沢未途の妻」なのですが柿沢姓を名乗らなかったのでした。
野上ゆきえ氏の選挙活動や都議になったときの活動を
考えてのことで、これはもちろんよかったと思います。

https://twitter.com/310kakizawa/status/348847103960834048
========
念のため申し上げると私達は夫婦別姓論者ではなく、
「野上ゆきえ」を名乗ったのは彼女が「柿沢未途の妻」という以上に
都議が務まる実績と識見のある存在だと知って頂きたかったからだ。
時間がなかったのでマンガの「野上ゆきえストーリー」を
作ったり工夫したが、ある程度、ご理解頂けたように思う。
========

続きを読む


posted by たんぽぽ at 21:29| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

家族が崩壊するという幻想

これをご覧のかたはよくご存知のことですが、
夫婦別姓や婚外子差別の撤廃に反対する人たちは、
ふたこと目には「家族が壊れる」と言うので、嫌になってしまいます。
彼らはヒステリーと言っていいかもしれないです。

https://twitter.com/baobaopaopao/status/346278462908166144
https://twitter.com/baobaopaopao/status/346278597088141313
https://twitter.com/baobaopaopao/status/346278686586200064
========
保守言論人っていうか、保守政治家っていうか、
彼らは家族法や戸籍法にちょいとでも触れようとすると、
家族が壊れる、家庭が壊れるって言うよね。
日本の家庭壊れ過ぎだろ。
名前や名字や戸籍で家族やってるわけじゃあるまいし。
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:33| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

本音のダブルスタンダード

「本音」に対するある種の男性のダブルスタンダードについて
述べたツイートがあるのでご紹介します。
そう言えばこういうタイプの男性、見かけることがありますね。

https://twitter.com/NATSU2007/status/346278641732288512
========
しかし橋下発言のような「本音」を正直・率直の象徴として
歓迎するタイプの男は「女の本音」には例外なく逆ギレするからなー。
あるいは「お前はフェミだ」と峻別することで安心する。
私もリアル社会ではメイクしてニコニコお酌してる普通の女の一人だよ。
本音がそんなに有り難いなら私の本音も聞けよw
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

痴漢冤罪を叫ぶ男の特徴

痴漢被害のお話が出てくると、痴漢冤罪のことを
やたら強調してくる男がときどきいますが、彼らにとんだ矛盾が
あることを指摘したツイートがあるのでご紹介します。
そう言われればこんな調子ですね。

https://twitter.com/kinkuma0327/status/345513591656562688
========
痴漢冤罪を生み出すのはあくまでも警察や検察の
ずさんな捜査であるということを理解しようとせず、
痴漢被害者を美人局か何かであるかのように言う人たちがいるけど、
何の証拠もなく被害者を示談金目当ての犯罪者と
最初から決めてかかるような人に、
冤罪被害がどうのこうのいう資格があるとは思えんな。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:12| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

売買春は買う男が原因

スウェーデンで娼婦の数が減っているというのですが、
買春する側の罪を問う買春禁止法を導入したことによるのでした。
買う男を逮捕して、女は丁重に扱うのだそうです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:41| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

NewsCafeで夫婦別姓

5月29日の夫婦別姓訴訟の原告棄却を受けて、NewsCafeというところが、
夫婦別姓についてのアンケート調査を行なっています。
ご紹介したいと思います。

「再燃した「夫婦別姓」問題…国民の見方は?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:53| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

夫婦別姓・政治の責任

すこし前ですが5月30日の信濃毎日新聞に、
夫婦別姓を取り上げた記事があるので、ご紹介したいと思います。
5月29日の夫婦別姓訴訟の原告棄却を受けてのものです。

「夫婦別姓 政治の責任で道を開け」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:18| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

日経の社説で夫婦別姓

すこし前ですが、6月2日の日経新聞の社説・春秋で、
夫婦別姓のことが話題になっているので、ご紹介したいと思います。
5月29日に、夫婦別姓訴訟で原告が敗訴になったことを
意識して書かれたものと思います。

「社説・春秋」
(はてなブックマーク)


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:17| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

同性愛を受け入れつつある

アメリカ合衆国のピュー・リサーチ・センターが、
同性愛を受け入れるかという世論調査を、
世界各国から39カ国を選び出して行なったのでした。
それを紹介したいと思います。

「同性愛への姿勢に世界で温度差、日本は年齢で隔たり=調査」
「同性愛への姿勢 日本では年齢・ジェンダーで差異が」
「The Global Divide on Homosexuality」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

事実婚でも大統領夫人待遇

すこし前のニュースです。
今月来日するフランスのオランド大統領の事実婚のパートナー、
バレリー・トリルベレールさんを正式な大統領夫人として招待するか、
という議論が日本政府の中であったのですよ。

「事実婚でも夫人待遇 仏大統領来日で外務省」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:45| Comment(4) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

出生率は増加傾向だけど

昨年2012年の合計特殊出生率が1.41で、1996年以来16年ぶりに
1.4を超えたというので、ニュースになっています。

「出生率が16年ぶり1.4超 12年、出生数は最少更新」

ご存知のように、日本は出生率の低迷が続いています。
1.4はフランスやスウェーデンといった、出生率の高い国とくらべると
ぜんぜんたいしたことないのですが、それでも16年前の水準まで
回復したのは、いちおう快挙と考えてよいだろうと思います。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:20| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

有名人からIDコール

吉見義明氏が橋下徹大阪市長の発言を批判したという
新聞記事があったので、わたしはブックマークを入れたのですよ。

https://twitter.com/pissenlit_10/status/341959029611966466
========
吉見義明氏が橋下を批判。「軍の施設として組織的に慰安所を
作った国はほかにない。日本の慰安婦制度は特異だった」。
「他国もやっていた」論者がかならず無視するところ http://htn.to/re6jvS
========



続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:27| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

婚外子差別を大法廷回付

婚外子の相続差別の審理が、また1件最高裁大法廷に
回付されることが決まった、というニュースがあるのでご紹介します。
婚外子の相続差別は、2月にも2件大法廷回付が決まっています
今回さらに1件追加されて3件になったということです。

「3件目の大法廷審理へ 婚外子規定巡り最高裁」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:25| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

吉松育美の少子化対策

自民党の「少子化危機突破タスクフォース」
委員のひとりである、ミスインターナショナルの吉松育美氏に
取材をした記事があるのでご紹介します。

「女性手帳だけじゃない少子化危機突破の「切り札」」
(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:06| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする