2013年03月31日

博士号取得者を2倍にする?

メインブログの3月29日エントリで、自民党の教育再生実行本部が、
大学受験資格にTOEFLを課す案があることをお話しました。

この教育改革には、理科教育のこともあるのですが、
東京新聞の記事にはこんなことが書いてあって、さりげなく怖いです。

「大学受験にもTOEFL 自民教育改革 提言案」
========
理数系教育では、博士号取得者数を現在の二倍程度の水準に増やすとの目標を掲げた
========


続きを読む


posted by たんぽぽ at 17:23| Comment(2) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

アインシュタインの予言

アインシュタインの予言を信じているサイトを見つけました。
ひさしぶりに見ましたよ、アインシュタインの予言。

「アインシュタインが残した日本へのメッセージ」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(2) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

さらにえげつない反対派

3月21日エントリで、選択別姓に反対するサーチナの
かなりえげつない記事をご紹介しましたが、
この記事を引用して、輪をかけてえげつないことを書いている
エントリがあるので、ご紹介したいと思います。

「夫婦別姓で日本は一夫多妻制の不倫大国に?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 20:59| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

辻元清美が産経に勝訴

辻元清美氏が、産経新聞を名誉毀損で訴えていたのですが、
辻元氏の訴えが全面的に認められ、勝訴をしました。

「民主・辻元氏が勝訴=産経記事「名誉毀損」ー東京地裁」
「産経新聞および記者に対する裁判の判決が出て、
辻元清美の訴えが全面的に認められました」


なぜ訴えたのかというと、辻元氏が言ってもいないことを、
産経の阿比留瑠比が言ったことにして、記事を書いたからです。
阿比留はネットのデマを信用してしまったのでした。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:17| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

女子柔道の表面的な信頼

女子柔道の暴力事件が話題になりましたが、
暴力にあっていた選手たちは、園田隆二監督に対して、
信頼している様子を表面的に取り繕っていたことが、
あきらかになったのでした。

「【柔道】園田監督との信頼関係「全部演技だった」」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:41| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

維新が憲法に家族の価値

維新の会の国会議員団が、憲法改正案の3章「国民の権利及び義務」と
4章の「国会」の箇所をまとめた、基本的方向性案を明らかにしました。
これによると、3章で「家族の価値と、それを保護すべき国の責任」を
はっきり書くことを求めています。

「家族の価値、憲法に明記を…維新議員団」
(はてなブックマーク)

========
第3章では、維新の会が重視する「自立する個人」を支える基盤として、
「家族の価値と、それを保護すべき国の責任」の明記を求めた。
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:25| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

日本のマスコミの体質

メインブログの3月22日エントリでご紹介した、
『村野瀬玲奈の秘書課広報室』の2月6日エントリについてです。

「日本の報道の自由度が急落したと報じる日本の報道機関の無反省ぶり」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:08| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが日本の画一主義?

なんでも、太陽の色を赤で描くのは、日本特有なのだそうです。
外国の人は白や黄色で表現するそうです。
わたしは、太陽の色は黄色ないしオレンジ色なので、
日本の標準からは外れていることになります。

「「太陽は何色で描くか?」アンケートと日本と海外の違いについて」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 13:53| Comment(2) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

朝鮮の制度と言っている

非共存派(選択別姓反対派)の記事をまた見つけたのでご紹介します。
ご多分にもれず醜悪です。

「市民グループと日弁連「夫婦の別姓が認められていない 
女性への差別をなくすため民法の見直しすべき」」


最近の記事ですが、べつだん変わった内容があるのではないです。
「夫婦別姓は、嫁を家に入れないという朝鮮のしきたりだ」
という、非共存派にありがちな「すりかえ」です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:12| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

夫婦別姓で不倫が増える?

いまから3年ほど前の記事ですが、あまりにえげつないし、
いまでも信じている人もいそうなので、取り上げたいと思います。
「サーチナ」が選択的夫婦別姓について、ひどい記事を載せています。

「夫婦別姓で日本は一夫多妻制の不倫大国に?」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:30| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

チャンネル桜と尖閣ツアー

川口マーン恵美というかたが、チャンネル桜の水島聡といっしょに、
尖閣諸島を訪問したという記事を見つけましたよ。

「その神々しく美しい光景にワーグナーを感じた!
「近くて遠い島」尖閣諸島訪問記 其の一」


この川口氏というのは、3月16日エントリ3月17日エントリ
ご紹介した、ドイツにおける未婚の父の親権と、
同性カップルの子どもの記事を書いた人ですよ。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37203
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37260

続きを読む

posted by たんぽぽ at 10:18| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

同性カップルの子ども

ドイツの同性結婚についての記事があるのでご紹介します。
ドイツでは同性カップルは結婚に準じた、パートナーシップとなれます。
しかし子ども(養子)を取ることができなかったのでした。
これも2月18日に、最高裁判所が違憲判決を下したので、
近いうちに法律が改正されるものと思います。

「ドイツで爆発的に急増中、同性同士の婚姻
フランスはさらに先に行くが、養子となる子供は幸せか?」

(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:49| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

ドイツで未婚の父にも親権

こんな記事があります。
タイトルは「婚外子」とありますが、婚外子は関係ないです。
ドイツで未婚の父親が親権を得ることに関するお話です。

「ついに新生児の3分の1が婚外子になったドイツ
旧東独なら61%、でも未婚の父の権利強化には疑問符」

(はてなブックマーク)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:28| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

公約を守らない自民党

自民党はもともとは、TPPの交渉参加には反対で、
それを選挙公約にしていたのでした。
昨年12月の総選挙の前には、TPP反対をうたった自民党のポスターが、
いろいろなところに貼ってあったくらいです。
続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:42| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

最近の民主党について

すこし前のエントリですが、最近の民主党について
書いた記事があるので、ご紹介したいと思います。
このエントリの意見は、わたしはすっかり同意というわけではないのですが、
それでも参考になることはあると思います。

「党員もまじめに」

エントリの内容は、要約するとつぎの3つになると思います。
1. 「党の存亡」などと言いすぎない
2. 時代の流れを気にしすぎない
3. 見せるべきはまじめな姿勢

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:50| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

男女の賃金格差の話題性

昨年の12月にOECDのジェンダー格差の報告がありました。
それを取り上げたJ-CASTニュースのごく短い記事があります。
日本の男女の給与格差は、OECD中韓国についでワースト2位という、
加盟国中最低レベルだったことが書かれています。

「労働の男女格差、日本は世界最低レベル OECD報告」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:28| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

ここでも嫌がられていた

きのう投稿お断わりにした「男性差別」発言の人ですが、
つぎのエントリのコメント欄でも、「活躍」していたのを見つけました。

http://macska.org/article/397
http://macska.org/article/396
http://macska.org/article/145

例によって、低レベルの議論を吹っかけてあきれられています。
「だめなやつはどこへ行ってもだめ」ということなのでしょう。
「男性差別」などと言っている人の知性は、
やはりこの程度、ということなのかもしれないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:03| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

投稿お断わりのお知らせ

こないだから、このブログのつぎのエントリで投稿を続けている
「sakaeru」という人物を、コメント投稿お断わりにします。

「男だけ徴兵は男性差別?」
「進んでいるスウェーデン」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:56| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

選択別姓のアンケート

産経新聞が、「私も言いたい」というコーナーで、
選択的夫婦別姓について、ネットでアンケートを行なっています。
先日、内閣府の世論調査が発表されたので、
それを受けて調査したくなったのかもしれないです。

「選択的夫婦別姓」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:24| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

同性相手の不貞行為

不倫の相手が同性愛だった場合、「不貞行為」となって
離婚や慰謝料を請求できるのか、というお話があります。
ようするに、妻がべつの「女性」と不倫したとか、
夫がべつの「男性」と不倫したといった場合です。

「妻が別の「女性」と不倫した!「同性愛者」との浮気でも慰謝料を請求できるか?」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:02| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする