2013年02月28日

同姓だとわかりやすい?

「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の「選択的夫婦別姓制度への抵抗を憂う (2)」
というエントリに反対論者のコメントが来ています。
同姓だと「夫婦だとわかりやすい」というのも、
反対論者がよくあげる理由のひとつだろうと思います。

「思想の優劣」
========
結論から言うと、夫婦別姓は反対です。

たとえばXと乙が婚姻して夫婦(または家族)という一つの単位になれば、
Xなり、乙なりどちらかに統一してもらったほうが、
単純で分かりやすいと考えています。
========

これには反論のコメントも付いています。
ご覧になるとよいでしょう。

「同姓だと何が「分かりやすい」のか」

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:12| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特権を維持したい反対派

選択別姓に反対する人のメンタリティについてのツイートがあります。
これについて、わたしの思うところをお話したいと思います。

https://twitter.com/bwpotato/status/302921886415847424
https://twitter.com/bwpotato/status/302923182912987136
========
選択制の夫婦別姓制度に反対の人が多いのは
日本人らしさがすごく現れてると思う。
直接自分に関係ないことも「自分が選択しないことを
他人が自由にしたら悔しいから自由を与えたくない」と
足を引っ張りたいのだ。

結婚制度の中で夫婦別姓を選ぶ人の存在を許せない人は、
事実婚に結婚同様の権利を認めることも許せないと思う。
要は「みんなこうしてるんだから我慢しろ」という理由なんだもの。
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:30| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

だれがレッテルを貼った?

2月24日エントリでご紹介したコメントの続き。

「調査結果からは制度に批判的な層の実像は見えない」

コメントの最後につぎのことが書いてあるのですが、
「レッテルを貼り続けて、そのレッテルの向こうにいる
生身の人間を見ようともしてなかった」という賛成派は
どこにいるのか?というのが、ここでの問題です。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:14| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同姓派男性の自分の問題(2)

2月23日エントリで、選択別姓の導入にともなって、
同姓派男性にも「自分の問題」がある、というお話をしました。
この事情を端的に表わしているのが、以下のツイートだと思います。

https://twitter.com/mey_mya_chujy/status/304146042037882880
選択的夫婦別姓反対派の多数は60歳以上と男性なのか…
これから新しく結婚しなさそうな層と、
通常は姓を変えない側の方が反対ってそりゃないわ……
「自分は変える必要ないけど他人には変えさせたいと思っている」
ってことじゃん。なんだよ、それ…


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

内閣府による世論調査

「村野瀬玲奈の秘書課広報室」の「選択的夫婦別姓制度への抵抗を憂う (2)」
というエントリについた、[18174]のコメントのかたが、
内閣府による夫婦別姓の世論調査のうち、高齢者の動向について
分析しているのですが、これがいささか「?」だったりします。

「調査結果からは制度に批判的な層の実像は見えない」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 12:23| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

同姓派男性の自分の問題

言わずもがなのことですが、民法改正がなされた場合、
夫婦別姓に関しては「選択制」です。
夫婦同姓がいい人は、いままで通りに同姓を選ぶことができるので、
なんら問題はないのであり、なぜに頑迷に反対するのか
というのが、多くのかたの思っていることだと思います。

つまり反対派というのは、赤の他人の家庭事情に首を突っ込んで、
口はばったく自分のカチカンを押し付ける、
不寛容にして出しゃばりな人たち、ということになるからです。

ところが同姓派にとっても、選択別姓が認められることは、
かならずしも他人ごとではないのではないか、
すなわち自分自身に降り掛かることとして
反対しているのではないかと考えられる部分もあります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

表示エントリを増やした

このブログのメインフィールドに表示されるエントリの数と、
サイドバーに表示される新着エントリのタイトルの数を、
それぞれ20ずつに増やしました。
メインブログと同じ数になります。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:53| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

小沢一郎に責任がある?

2月7日なので、すこし前の記事ですが、
民主党が昨年12月の総選挙の敗因分析をしてます。
歴代の首相・代表による「失敗の連鎖」が原因だとしています。
政権運営のどこがだめだったかを考察するのは、絶対に必要なことなので、
こうした分析をするのは、好ましいことだと思います。

「民主党:「失敗の連鎖」が敗因」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:31| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

別姓で名前が長くなる?

夫婦別姓の反対派の中に、こんな誤解をしているかたがいます。
別姓を選択すると、両親の苗字が両方つながって、
どんどん長くなると思っているのです。

https://twitter.com/kenketsumiyagi/status/302815447718432768
========
mixiの別姓ニュースのリンク日記を読んで
「あ、こういう誤解で反対しているのか」と思った例のひとつ--
《荒川さんと亀井さんが結婚すると子供の苗字は荒川亀井、
高市さんと山本さんが(中略)高市山本、
その子供同士で(中略)荒川亀井高市山本となる》
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:25| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

女性を丸刈りにする意味

AKB48の峯岸みなみが、丸刈りになったことを
メインブログで簡単にご紹介したのでした。
「女性が丸刈りになる」と聞いて、わたしが連想したのは、
第二次世界大戦後、ドイツ人と関係を持ったフランス女性が、
「報復」のために、市民から丸刈りにされたことです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 13:56| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

反面教師になった日本

シンガポールでは、移民の受け入れを積極的に推し進めています。
少子化が急速に進んでいて、1990年には出生率が
1.83だったのに、2011年は1.20まで下がっています。
それで減り続ける人口を補うために、移民を受け入れるわけです。

「シンガポールが移民拡大 少子化で、日本教訓に」
「「日本のようにはならない」 少子化対処で移民受け入れ継続 シンガポール」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:01| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

NY州で慰安婦非難決議

ニューヨーク州の慰安婦非難決議についての時事通信の記事を
はじめに見つけたとき、なんとブックマークに入れているのが
わたしひとりだけ(!)という、驚くべき事態だったのでした。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:48| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

通称使用する別姓反対派

山谷えり子、高市早苗、橋本聖子といった自民党のお歴々は、
選択的夫婦別姓に反対なのに、自分たちは旧姓を通称使用して
議員活動を行なっています。

https://twitter.com/pissenlit_10/status/299014420401618944

この理由がよくわからないかたも、たくさんいらっしゃるでしょう。
夫婦別姓に反対なら、自分たちは旧姓を通称使用せず、
婚氏で議員活動をしそうに思えるからです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:15| Comment(4) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

憲法41条が出て来ない

日本で憲法が守られていない例を挙げたエントリがあります。
これは参考になると思うので、ご覧になるとよいでしょう。

「国の最高法規がこんなにも守られていないなんて・・・」
「日本での憲法無視政治の一覧表 (秋原葉月さん作成)」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:28| Comment(2) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mmmさまにもうしわけない

いまさらですが、いつもわたしのブログにコメントをくださる
mmmさまに、おわびをしたいと思います。
このエントリのコメント欄に関することです。

「衆院選・政治主導壊滅(5)」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:17| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

ズボン許可制条例の無効

パリの女性はズボンをはくときには、警察署の許可が必要
という条例があったのですが、これが無効であることを
正式に確認した、というニュースがあります。

「パリ:女性のズボン「解禁」 1800年の条例無効に」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

横浜市議補選・民主惨敗

2月3日に横浜市議選の補選がありました。
選挙区は神奈川区です。
そして民主党がこの補選で惨敗するという結果になったのです。

「選挙:横浜市議神奈川区補選 自民新人の小松氏初当選 /神奈川」
「横浜市議補選:低迷続く民主、自共に後じん/神奈川」
「海江田民主ボー然 共産党にも負けた!」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:21| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名前がカタカナの不都合

外国人とのハーフのかたの場合、国籍が日本であっても、
名前が外国系でカタカナだったりします。
そして日本では、名前がカタカナだといろいろと苦労するというお話です。

「無国籍ハーフの半生
〜鎖国から150年。日本はどこまで変わる事ができたのだろうか?〜」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:35| Comment(2) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

進んでいるスウェーデン

「スウェーデンはなぜ少子国家にならなかったのか」という本の
簡単な内容紹介をしたエントリがあるので、ご紹介をします。
内容のごく一部がしめされているのですが、
これだけでも日本との違いをとても感じさせられます。

「スウェーデンはなぜ少子国家にならなかったのか」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:22| Comment(25) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

女王の時代が100年続いた

オランダのベアトリックス女王が退位を表明して、
王位をウィレム・アレクサンダー皇太子に譲ることになりました。

「オランダ女王が退位表明 19世紀以来の男性国王へ」

退位の理由は「職務が大変になったから退位するのではなく、
新しい世代に職責を譲るべきだと確信した」としています。
若い人たちへの世代交代のため、ということですね。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:12| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする