2012年12月31日

賢さと誠実さと愛国心

なかなかおもしろいツイートがありますよ。

https://twitter.com/Japanese_Joke/status/283074975441760256
========
神は、日本国民に対して、 賢さ、誠実さ、愛国心の三つの資質を用意した。
しかし、一人に三つ全てを与えることはなかった。
つまり、賢くて誠実な人間は、日本政府を信用しない。
誠実で日本政府に忠実な人間は、賢くない。
日本政府に忠実で賢い人間は、誠実でない。
=========

「言い得て妙」という感じがしませんか?
愛国心の本質を語っていると思います。


続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:00| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補完代替医療の研究のこと?

メインブログの12月31日エントリでご紹介した、
下村博文氏が「にせ科学漬け」になっているという記事ですが、
出だしのところにこんなことが書いてあります。

http://dailycult.blogspot.jp/2012/12/blog-post_28.html
========
かつてホメオパシーをはじめとする非科学的な擬似医療を
国費で研究しようと目論んだトンデモ民主党政権が崩壊し、
========
続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:57| Comment(0) | 疑似科学(にせ科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

高市早苗を調べに来た

25日の午後15時から、きゅうにわたしのメインサイト
アクセスが増えたのでした。
26日になっても、アクセスの多い状況が続いていました。
アクセスの増えたコンテンツはこれです。

「高市早苗氏が結婚(1)」

高市早苗が自民党の政調会長になったので、きゅうに注目を浴びて、
それで調べる人がおそらくたくさん出て来たのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:04| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

党三役に女性がふたり

自民党が新しい役員を正式に決定したのですが、
新三役に高市早苗と野田聖子が入っています。
女性ふたりが党三役についたということが、注目する点です。

「自民党新役員が正式決定 高市政調会長、野田総務会長」

自民党は、党の要職や閣僚に女性が占める割合を
高めることを公約にしています。
したがって、女性ふたりをこのような目立つポジションに
つけることは、とうぜんと言えるかもしれないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 07:07| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

田母神の正しい家族幻想

田母神俊雄がまたすごいことを言っていますよ。
女性が子どもを持っても働きやすい環境を作るより、
専業主婦でも生活できる社会を目指せというのです。
その女性が専業主婦でも生活できる社会というのは、
いったいどうやって実現するつもりなのかと思います。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:39| Comment(16) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

あまりに男性中心的な

妻が働きに出るようになって経済力を持つようになると、
それが夫にとって脅威になる、などと言っている記事があるのですよ。

「妻が仕事を持つと変わる夫婦の力関係」

記事の最後にこんなことが書いてあるのが象徴的です。
========
妻の資力が高まれば、家計の戦力になるが、
間違うと暴走してモンスター化する恐れもある。
経済力は発言力、時には破壊力にもつながると心得るべきだ。
========

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:23| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

女性政治家にだけハードル

韓国で大統領選が行なわれ、初の女性大統領が誕生することになります。
11月15日エントリですこし触れた人です。)
女性が大統領や首相になったことのない国は、
日本を含めてたくさんありますから、韓国で女性の大統領が
誕生することは、率直に評価をしたいところです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 16:51| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

男だけ徴兵は男性差別?

徴兵制は通常男性に対してだけ課されますが、
これを男性差別だと考える人もいるのではないかと思います。
結論だけ先に言うと、徴兵が男にだけなのは「女性差別」だと思います。

https://twitter.com/ragion/status/279399341221888000
https://twitter.com/ragion/status/279525779598110720

現代の日本は、世界でも類を見ないくらい
厭戦感情が強いという、かなり特殊な状況にあります。
それゆえ兵隊になんかなりたくない人が多いでしょうから、
兵役に駆り出されることを、割りが悪いと考えて、
「男性差別」なんて発想をする人も出てくるのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 09:02| Comment(31) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

子育て支援の公約比較

メインブログの12月14日エントリでご紹介した、
子育て政策についてのマニフェスト比較をした記事に、
OECD加盟国の高齢者向け公的支出と家族・子ども向け公的支出の
比率をしめしたグラフが出ています。

「先進諸国における家族・子ども向け支出と高齢者向け公的支出の対GDP比」


続きを読む

posted by たんぽぽ at 19:37| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

比例復活を調べに来た

総選挙のあった16日の夜20時から、わたしのメインブログの
アクセスがきゅうに増えたのでした。
選挙の開票がはじまったので、アクセスしてきたことは
容易に想像できますが、わたしのつたないブログの
なにを見に来たのかと思ったら、以下のエントリでした。

「比例復活当選」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:57| Comment(0) | たんぽぽの礼拝堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

自民党の改憲の問題点

自民党の憲法草案では、徴兵制の導入が可能になることや
基本的人権の制限があることは「デマ」だと
言っている人たちがいる、というツイートがあります。
わたしも「デマ」だと言っているツイートを見たことがあります。
結構たくさんいるのでしょう。

https://twitter.com/myosida/status/278695911994048513
========
自民党を支持する人たちの中に、改憲案の徴兵制導入や
基本的人権否定はデマだ、というツイートがかなり流れている。
甘い見方だと思うけど、実は支持者でさえそれはまずい
(信じたくない)と思ってる証しとも言える。
何となく自公維支持の人たちに、
もっと危機感をもつよう働きかけが必要だと感じる。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:27| Comment(6) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

ジェンダー平等アンケート(6)

P-WANのジェンダー平等政策アンケートですが、
最後の12番目のカテゴリは、つぎの設問になっています。

国連女性差別撤廃条約の締結国としての責任遂行
(24)女性の地位向上のための国内推進機構を強化する
(25)女性差別撤廃条約選択議定書を批准する
(26)女性及び性的マイノリティの人権保護の権限を持つ
独立した国内人権機関を設置する

続きを読む

posted by たんぽぽ at 15:13| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

ジェンダー平等アンケート(5)

P-WANが行なったジェンダー平等アンケートですが、
(9)の配偶者控除の廃止に対して、共産党が2点の「賛成」と答えています。
これを見て、わたしは「??」と思ってしまいましたよ。
共産党は配偶者控除の廃止には、反対しているはずだからです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:34| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

自民党の性的少数者差別

松山市の性的少数者の団体である、「レインボープライド愛媛」が
性的少数者の施策について、政党のアンケートを行なっています。

「「同性愛者への人権施策は必要ない」自民 アンケートに回答」

自民党はここでも、「性的少数者に対する施策は必要ない」
「相続制度や社会保障は異性間のカップルのものであるべき」
という主旨の回答をしています。
性的少数者・同性愛者に対する差別は放置する、ということです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェンダー平等アンケート(4)

メインブログの12月11日エントリで、P-WANのアンケートで、
婚外子と性的少数者に対する差別をなくすことに、
自民党が反対していると答えたことをお話したのでした。

その結果に対して、こんなことを言っているかたがいます。
https://twitter.com/MyoyoShinnyo/status/274871934985048064
========
う〜〜ん。私は自民党に票は入れないけど、
これで「自民党がセクマイ差別の党である証拠だーっ」って
今すぐ吹き上がりたくはないな。
このアンケートをネタにして、「これはどういうことですか」って
詰め寄ってみる、じゃないですかねー。
========


続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:54| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

ジェンダー平等アンケート(3)

12月9日エントリで、P-WANのアンケートには、
(1)、(3)、(23)という、ジェンダーと関係ない項目が
入っている、ということをお話したのでした。

ところが、P-WANの12月8日エントリで、これらの設問と
ほかの設問との回答の相関を取っているグラフがありました。
http://p-wan.jp/site/modules/d3blog/details.php?bid=41


続きを読む

posted by たんぽぽ at 18:44| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

ジェンダー平等アンケート(2)

P-WANの「ジェンダー平等政策アンケート」ですが、
「国民の生活が第一」が予想に反して(?)成績がとてもよく、
グラフがほとんど完全な円に近いのでした。

(18)の河野・村山談話の継承も、2点の「賛成」になっています。
つまり従軍慰安婦に関しては、じゅうぶんな証拠にもとづいた
現在の日本政府の公式見解をそのまま引き継ぐという、
常識的な立場というわけです。


続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:06| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェンダー平等アンケート

PーWANのジェンダー平等政策アンケートですが、
26の設問のうち、(1)、(3)、(23)の3つは、
ジェンダーと関係のない設問になっています。
なんでこういうものを入れるのかな?というのが、わたしの率直な感想です。

ほかの回答との相関を見たいのかなとも思いますが、
(相関を出しているグラフもあることはありますが)
それほど積極的に活用しているとも思えないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:44| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

配偶者控除を廃止する一案

配偶者控除の廃止は、民主党が政権公約にしておきながら、
毎年「先送り」にして、結局守られずじまいになったのでした。
実行されない主な理由は、主婦層の反発が懸念されるからです。

そこで、すでに控除が適用されている主婦層の反発を
できるだけすくなくして、配偶者控除を廃止する、
ひとつの方法を提案した記事があるので、ご紹介したいと思います。

「主婦の既得権を認めれば配偶者控除は廃止できる」
続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:36| Comment(2) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党3年間の成果

メインブログの12月7日エントリで、
「民主党政権で変わってきたこと」というトゥゲッターの
まとめをリンクしたのでした。

このまとめ、わたしが見たとき、上の広告が自民党になっていたのです。
なんだかシニカルです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 11:33| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする