2018年07月17日

執拗に粘着質な人の記録

ブログから投稿お断わりにしたあとも
しつこくコメントしてくる「ヒラリー」のエントリについての
ツイッター・モーメントを更新しました。

「わたしのブログに執拗に粘着を続ける人の記録」

今回は補助ブログのエントリを追加です。

続きを読む


posted by たんぽぽ at 23:58| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

子や孫と名字の異なる家族

7月15日エントリで、女性はほとんどが
結婚改姓を望んでいるという認識の
選択的夫婦別姓の反対派をご紹介しました。

このかたは子どもや孫と名字が異なる家族は
ぞっとするなどとも言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:44| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未婚に苦笑するのはなぜか?

「jはんし2018(旧:もも281、現:一条戻り橋)」は、
わたし、たんぽぽを独身と邪推して、苦笑までしてきました。

「jはんし2018」は前にも、わたしを根拠もなく
独身と邪推して、見下してきたことがあります。
また同じことを考えているのではないかと想像します。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 22:40| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

女性に結婚改姓の希望がある?

「男性の姓を選択するのは慣習のせいでもあるだろうが、
多くは女性の方の希望が多いと言う事実もある」とか
「ほとんど抵抗なく受け入れられているのが普通だ」
などと言っている、選択的夫婦別姓の反対派です。

「ほとんどの女性には結婚改姓の願望がある」という、
ある種の人(男性)に見られる認識です。
「事実もある」「普通だ」なんて断言していて、
ご自分の認識にかなり自信があるようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:46| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

夫婦別姓の希望は実は多数派?

2016年のはじめに行なわれたウートピの
アンケートで、選択的夫婦別姓が認められたら
夫婦別姓(非改姓結婚)を希望するかたが
63%もいたことを、前にお話したことがあります。

「非改姓結婚希望が6割以上」

調査対象は「20-30代の首都圏で働く女性」です。
回答者はおそらく未婚、既婚の両方だと思います。
結婚が目の前の現実の問題である女性にかぎるので、
非改姓結婚の希望が多くなるのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:18| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

夫婦別姓だと子の名字で揉める?

「夫婦別姓だと子どもの名字を、父母のどちらに
決めるかで揉める」という主張は、最近の選択的夫婦別姓の
反対派(非共存派)によく見られると思います。

なにを根拠にこんなことを言うのかと思います。
同様の主張をする反対派(非共存派)は多いので、
彼らにとっては納得しやすいのでしょう。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:31| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

未婚か既婚かで人間の資質を測る

7月5日エントリの続き。

なぜかわたしを未婚だと断定した
「もも281(jhansi2018、カンフー)」ですが、
たんぽぽは未婚だろうと推測した上で、
結婚は無理だとわたしを見下してきました。

ネットで知り得ない個人情報を憶測だけで言うなと
わたしは抗議を続けたからでしょう、
さすがに断定ではなく推測にはしたようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:54| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

家族という枠組みが崩壊?

7月8日エントリでご紹介の、法制審議会のA案とB案を
まちがえている選択的夫婦別姓の反対派ですが、
例によって選択的夫婦別姓の導入で家族が
崩壊するという、定番の主張を展開しています。

それはこの反対派(非共存派)の場合、
「家族を結びつけていた紐帯はバッサリと断ち切られ」、
「家族という枠組みが崩壊してしまう」と表現されています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:00| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

法制審議会の3案と別姓反対派

選択的夫婦別姓を認めると家族が崩壊するとか、
日本解体につながるという、典型的な反対派です。

ちょっとヒステリー気味な感じがします。
以前分類した、レベル4かそれ以上の反対派です。

「夫婦別姓と同性婚・反対派のレベル」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:18| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

教育の機会のジェンダー差

7月1日エントリと7月4日エントリの続き。

「東大学生のジェンダー研究の意義」
「東大以外の学生のジェンダー比」

東京大学に女子学生が少ないことを国際学会で
発表したことに対して「なぜ東京大学を
取り上げるのか」と突っかかってきたかたは、
すべての大学の学生のジェンダー比を国際比較した図を
わたしがお見せしたら、それは納得したようです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 21:17| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

非公開情報を憶測で断定

「もも281(jhansi2018、カンフー)」は、
なぜかわたしを未婚だと断定したことがあります。

わたしは自分が結婚しているのかいないのか、
マリッジステートについての情報を、
ネットではなにも言っていないのですが、
なぜそのように断定するのかと思います。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:05| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

東大以外の学生のジェンダー比

7月1日エントリで、東京大学の学生のジェンダー比が
アンバランスなことを国際学会で発表したツイートと、
そこに「なぜ東京大学を取り上げるのか」と
突っかかってくるツイートをご紹介しました。

「東大学生のジェンダー研究の意義」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:39| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

ドイツで日本の差別を話す理由

メインブログの6月29日エントリで、東大の学生の
ジェンダー比について触れたツイートをご紹介しました。


ここに「なぜ外国へ行って、日本の欠点を報告するのか?」
などと訊いているツイートが、リプライについています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:34| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

夫婦同姓は民衆からの要求?

日本で夫婦同姓が民法で定められたのは、当時の民衆から
要求があったからと、主張するかたがいます。
なにを根拠にこんなことを言うのかと思います。

いくつか関係する書籍やサイトを見ても、民衆からの要求で
夫婦同姓が定められたと記述しているものはないです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:36| Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東大学生のジェンダー研究の意義

メインブログの6月29日エントリで、東大の学生の
ジェンダー比について触れたツイートをご紹介しました。



続きを読む

posted by たんぽぽ at 17:29| Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

コインを投げて裏が出た

あのにせ科学批判のかたが、生活保護の受給額の
引き下げが決まったのは、戦わなかった野党に責任がある、
という主旨のことを言っています。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:52| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そしてわたしはブロックされた

選択的夫婦別姓は中国、韓国の真似と言っていた、
レイシストの反対派(非共存派)から、
わたしはツイッターでブロックされています。
反対派と議論になると、こうなることが最近は多いです。

「選択的夫婦別姓反対派とレイシズム」
「島国ゆえになにが守られた?」
「東アジアとアメリカの世界地図」

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:39| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は自分も規約違反していた

わたしを含め選択的夫婦別姓の推進派のかたたちに
ツイッターでしつこくつきまとっている
「jhansi2018(現:カンフー、旧:もも281)」に、
ツイッターから規約違反の通知が出ていました。

報告をなさったかたがいらしたのでしょう。
(わたしはこのころは報告していないので、
ほかのかたの報告が受理されたものと思います。)

続きを読む

posted by たんぽぽ at 06:35| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

選択的夫婦別姓反対派とレイシズム

選択的夫婦別姓を求めるかたは、
現在と未来の自分の生活をよりよくするためです。
「伝統」なんて過去のためではないです。
おそらくどなたもそうだろうと思います。

選択的夫婦別姓の推進派が伝統についての
議論をするのは、反対派(非共存派)が
伝統を持ち出すので、反証が必要になるからです。
無駄な議論をさせられていると言えます。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:29| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自称中立の反対派のレイシズム

「自分を説得できなければ、選択的夫婦別姓の実現はない」と
いきまいていた「riosis11」は、すごいことを
言っていたので、そのひとつをご紹介しておきます。

以下のツイートで、スクリーンショットを見られます。
「riosis11」はすでにツイッターのアカウントを
凍結になっているので、現在閲覧できるのは、
たまたま保存されたスクリーンショットだけです。

続きを読む

posted by たんぽぽ at 23:21| Comment(0) | ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする